話すよりも聞いたほうが売れるんじゃないか説

ひさしぶりにファミマでコーヒーを買ったんですよ。

そしたら、いつの間にかコーヒーマシンが以前のモノとは変わっていました。

ボーっとしながら「コーヒーのS」というボタンを押して、そのあとに気がつきました。

自分が押したボタンのすぐ下に「濃いめ」ってボタンがあったことを。

見えているのに見えていない。

聞こえているのに聞いていない。

字を読んでいるのに理解していない。

よくあることですねぇ。

伝え方セミナーはあっても「伝えてもらう方法」のセミナーはない

一般的に会話って「聞く」と「話す」のセットですよね。

コミュニケーション全般で言うと「受け取る」「発信する」ということになるでしょうか。

でもセミナーなどの多くは「話す」「書く」「発信する」側のテーマばかりですよね。

なぜ「聞く」「読む」「受け取る」セミナーって、ないんでしょう?

人とお話ししていると

自分の考えを伝えることに一所懸命で、相手の話を聞くどころか相手の反応さえ見ていない。

タイプの方って、ときどきいますよね。

「自分が話し過ぎると、他の人が話す時間がないな」

「私のこの意見、みんなはどう思っているんだろう」

という「相手側の視点」が欠けていて

「わかってほしい」という自分の都合が優先されています。

ワシも、セミナーの場では「一方的に話す」立場になることが多いわけです。

それでも、受講者の方の反応を見たり、ときに問いかけてみたりして、できるだけ「対話」に近い形にしたいと思っています。

「聞く」のは「仕入れ」

ワシの場合、お客さんは「ご相談者」です。

ご相談業務の場合とくに、こちらから一方的に何かをお伝えしても、相手の方の問題の解決にはなりません。

まずは聞くことが大事なのです。

いくら相手が話ベタだったとしても、そこで遮って自分の話をはじめるのではなく、意味を確認したり、他のコトバに言い換えてあげるなりして、相手が話しやすいようにサポートすることによって、相手の方は話しやすくなります。

話しを聞くのは「情報を仕入れていること」なのです。

ということは、一方的に話している人は「新しい情報を仕入れる」ことができず、せっかくの会談の場でも、「自分が持ち帰ることができるモノ」はひたすらゼロに近くなってしまいませんか。

コミュニケーションは「聞く」からはじまる

相談を業務としている人でも、ある程度ご相談者のお話しが進むと「あぁ、そういうことならば」と早合点して、すぐに結論やアドバイスに入る人がいます。

一般のビジネスでも、多くの場合は「お客さんの困りごとを解決する」という視点に立った場合、「聞くこと」のほうが優先されると思いませんか?

伝えたい気持ちが大きいときほど、相手の話をよく聞くこと。

自分としては「聞く7」に対して「話す3」くらいのつもりでいると、ちょうど相手によっては「5:5」くらいに受け取っていただけると思ったほうがいいです。

「書く/話す/発信する」も大事ですけど、それに先立って大事なのは「読む/聞く/受け取る」ですからね。

自分が伝えたいことを一方的に話すよりも、相手の話をよく聞いたほうが売れますよ。

だけどセミナーで「聞き方」「読みかた」というテーマはウケないでしょうねぇ(笑

 

8月8日オンライン開催「ヒミツの商品企画会議」8/8

参加型の「商品企画会議」をオンライン版でも開催します。

「あなたの商品企画について、みんなで企画会議を開く」という企画です。

あなたにも、他の人の商品企画会議に参加していただきます。

8/8はこの会議をオンラインで開催します。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー