でないと、美しくない

スタジオ撮影の立ち合いに行ってきました。

このような、ややピリリとした空気が漂う「プロの仕事の現場」は、どんな業種であれ、エキサイティングです。

興奮します。感動します。

10409495_728271060552326_1505847070256591353_n

今回は、バッグの撮影をしたのですが、「取っ手」の見え方や垂れ下がり方、バッグ本体の表面の「張り方」、個々のバッグの特徴がもっともよくわかる方向の検討など、プロならではの仕事をじっくりと拝見しました。

撮ったばかりの写真を見ながら、カメラマンの方とお話しをさせていただきましたが、その際「プロならではのひとこと」が何度も出てきました。

「…でないと、美しくないんです」

このひとこと。ほんと、シビレます。

たとえば、カバン本体の表面が張っているか、そうでないか。

両者を撮り比べてみると、たったそれだけの違いが「モノの質感」に影響を与えるんです。

つまり「よいモノ」に見えるか「安物」に見えるかさえも、わずかな撮り方の違いで異なってくるんですね。

ワシも、「フォント」を選ぶ際などに、よく「美しい」というコトバを使います。

残念ながら、美しくないフォントが存在するんですよね。

「その広告物が持っている雰囲気」(トンマナと呼んだりします)に合ったフォントかどうか、という問題とは、また違ったことです。

本当に「いいフォント」は、細部が美しい。

高級品の広告に使用されるフォントは、美しいフォントばかりです。

フォントを一部分だけ、差し替えて試してみると、広告全体が台無しになることがよくわかります。

たぶんね。こんな話を聞いたら、こうゆうことを言う人も出てくると思うんですよ。

「売れればいいじゃん」って。

では、他の条件を同じにして、「表面が張ったカバンの写真」と「そうでない写真」だけを入れ替えて、試してみたことがあるんでしょうか?

プロの人たちは、みんなそうゆうことを試したうえで、アレコレ言ってるんです。

それにね。大事なことがあります。

自分が美しくないと思う広告で、結果売れても、その行為自体が美しくない

ただ単に、広告の見た目がアグリーかビューティフルか、の問題ではないんです。

よく、こだわりの菓子職人なんかも「美しさ」を口にしたり、宮大工の人が、決して人目に触れることのない部分の美しさにこだわったりしてますよね。

こうなるともう、自分自身の納得感の問題ですね。

「自分が美しいと思う仕事」って、大事だと思うなぁ。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー