「時間がなくてできない」という人に不足しているモノ

オートバックスで車検の見積もりを待つ間に、ひさしぶりに缶コーヒーを飲みました。

2019年8月28日

缶コーヒー、飲まなくなったなぁ。

と思ったら、2年前に同じ場所で、同じように車検の見積もりを待つ間、同じ缶コーヒーを飲んでいたようです(笑

2017年8月5日

これ、Googleフォトなどの「画像検索機能」が充実してきたからこそ、わかるようになったことですねぇ。

本を読む時間がない。ブログを書く時間も無い。それホント?

さて、「できない理由」として、もっともよく挙げられるのが「時間がない」ってヤツです。

「本を読む時間がない」

というお声を聞くたびに、

わりとよく本を読んでいるワシはよほどヒマなのだろうか?

と自分を疑ってしまいます(笑

でもこれって「本を読むにはまとまった時間が必要だ」という考えを持っているために「そのような時間はない」と結論づけてしまっているのかもしれませんね。

このように「できない」と言われている理由の多くは「根性が足りない」とかそう言うことではなくて、単なる認識の違いだったりします。

今日の17:00にメルマガでお届けする内容は

「なかなかできない人」と言っている人に足りないもの

というテーマでお送りします。

このメルマガを読むと、もう

「時間がなくてなかなかできない」

という言い訳はできなくなりますので、注意が必要です(笑

このメルマガを読むためには、今日の17時までにメルマガ登録を済ませておいてくださいね。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー