毒にも薬にもならない「おまじない」にハマらないように

少し涼しくなってきたと思ったら、がぜん読書意欲が高まってきました。

一見するとビジネスには関係なさそうな本の中にこそ、ビジネスに役立つことがたっぷり詰まっているような気がします。

この二冊に共通している点がふたつあります。

そのひとつはテーマとなる「みんなの心の動き」です。

「ひとりひとりの気持ち」と「みんなの気持ち」は違う

あなたは自分以外の人の気持ちって、わかりますか?

ワシにはわかりません。

だから、わかろうと努めます。

だけど、100%理解することはできません。

100%わかることはないのだから、最初から理解しようとしない

という態度は建設的ではないと思います。

上記に上げた「善人ほど悪いやつはいない」の著者は哲学者です。

ここでは「一般大衆がなぜこんなに愚かになるのか」というお話しがメインで、哲学の視点から「ホントにみんなバカで困るよなぁ!」という議論を、とても口汚く罵っています。

それがこの著者の味なんですけどね…。ワシもその「みんな」の中に入っているわけですが(笑

そして、もう一冊の本のテーマはご存知ヒトラー。

著者は東京都知事も務めた、国際政治学者の舛添要一氏です。

ヒトラーほど「みんなを操る」ことに長けた人はいません。

その「利用のしかた」が史上最悪だったわけですが、「みんなの気持ちをよく理解していた」ことは間違いないのです。

ここに学ぶべきところがあるわけですよ。

毒を薬として使うのが科学

この2冊の共通点のふたつめ。

それは「どちらも猛毒である」ってことです。

ワシ、「Yes!高須クリニック!」の高須克弥氏のツイートをフォローしています。

有名人なので、いろんな人が彼に絡んでくるわけですが、以前にこんなやりとりがありました。

この中で刺さるのは

毒を薬として使うのが医学です。毒にも薬にもならないものはおまじないです。

という一文です。

これ、医学に限った話ではないと思うんですよ。

原子力にしても、心理学にしても、使い方を間違えると人類を破滅に導くことさえできる強力な「毒」ですけど、だからこそ「よく効く薬」にもなるはずなんですよね。

ビジネスの世界でも、毒にも薬にもならない「おまじない」にハマっている人って、多いような気がするんですよ。

よく効く薬ほど「毒」に似ている。

というか、毒そのものだったりする。

だからこそ、その取り扱いには専門知識が必要になってくる。

「チョチョイのチョイ」で効くようなモノは、だいたいが「おまじない」のたぐいなのかもしれませんね。

開催予定のイベントのお知らせ

夏休み明けから本気出したい人のための経営相談会(9月6日、9月9日)
夏休みで時間を取られていたけど、ようやく自由に動ける!でも何をすればいいの?この先の自分の「見通し」をつけたい!という人のための「単発」「マンツーマン」の経営相談会です。
自分の価格に責任と自信を持つ!「価格設定会議」9月13日名古屋
多くの人が頭を悩ませる「価格設定」。販売量を確保しながら利益がもっとも大きくなる価格は、いったいいくらなのか。セミナーとディスカッションを組み合わせた新スタイルの「会議」です。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー