自分で考えない人と仕事しちゃダメです

リテラシーが高い人、もしくは自分のリテラシーを高めたいという意識を持っている人と仕事をしたいと、いつも思っています。

001_450

リテラシーとは、いろんな解釈がありますが

「情報を適切に理解・解釈・分析・記述する力」

「流されている情報をそのまま鵜呑みにせず、その悪影響を回避する能力」

と言われています。(wikipedia「リテラシー」より

ワシ自身のリテラシーが高いかどうかは、自分自身ではよくわかりません。

でも、高めたいと思い、そのために行動していることは確かです。

ワシ、思うんですよ。

「○○先生が言っていたから正しい」というのは、リテラシーが低すぎるんじゃないでしょうか。

指摘したいのは「○○先生とは誰か」と言う部分ではありません。

「誰のことだ!」
とすぐに色めき立って勘違いする人は、すでにリテラシーが低いと思います。

ワシが指摘したいのは
「彼が言っていた。だから正しい」という部分です。

○○先生を疑え、ということではありません。

自分の頭で考えよう、ってことです。

○○先生がいかに立派であるかとは関係ありません。
立派であることも否定しません。

考えずに判断するのはやめようよ、ってことです。

情報操作、世論操作の餌食になるだけです。

人に利用されるだけです。

たとえ「○○先生」が誰であれ、

「みのもんたが言ってたから正しい」
「女性自身に書いてあったもん!」

というのと同じなんじゃないでしょうかね。

何かの情報に触れたら、自分のコトバで解釈するまで飲み込まない。

自分のリテラシーを常に疑う。

それは、自分の方針や個性、価値観を疑うことではありません。

常に自分を客観的に見る努力をしているかどうかというコトなんです。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー