囲い込むことで失うもの

数年前、複数の人がワシにこんなことを言いました。

高橋さんは、どうしてブログで人の紹介ばかりしているの?自分の読者やお客さんを取られちゃうんじゃない?

って。

ワシャそれを言われて

この人たちは、いったい何を言っているんだろう?

って不思議に思いました。

ワシは読者の方々に役に立つことや、考えのヒントになるようなことを発信しているつもりです。

その中で、一部でも強く共感してくださった方がお客さんになってくれれば、そりゃうれしい。

でも、囲い込むつもりなんて、さらさらありません。

自分では必死に囲い込んだつもりだったとしても、

「高橋よりも、他の人が提供しているサービスのほうがイイ」

と判断した人は、いくら引きとめたって離れていきますって。

実際、以前はワシのサービスを受けていた人で、現在は他のサービスを受けている人もいらっしゃいます。

でも、そうしたほうが、その人の商売がよくなっていくんだったら、そのほうがいいじゃないですか。

逆に、他の人からワシに乗り換えてきた人もいらっしゃいます。

そうゆうものなんです。

ワシャ、「お客さんを大事にしなくてイイ」なんて、一言も言ってませんからね。

お客さんは、死ぬほど大事にするものです。

ただ「囲い込み」という発想は違うと思うんですよ。

「あなたの場合は、あの人のサービスを利用した方がイイ」とアドバイスすることも、お客さんや読者さんを大事にしていることだと思うんです。

お客さんは他の人から奪ったり、逃げないように囲い込んだりするものではありません。

お客さんは家畜ではなくて、人なんですから!

001
【家畜と違うし】

ところで、数年前に

高橋さんは、どうしてブログで人の紹介ばかりしているの?自分の読者やお客さんを取られちゃうんじゃない?

って言ってきた人たちは、その後どうしているのでしょう。

今回この記事を書いたことで気になったので、彼らのブログを見てました。

どうやら、彼らはもうブログはやめたようです(笑

フォローしてね!

フリーランス、個人事業者向け経営相談会

個人ビジネスのお悩み解消のための、一回限りのコンサルティング。人数限定。