どんな「心持ち」で発信すればいいのか?

自分の以前のブログ記事を読んでいて、

「誰に遠慮してたんだろう?」

って思うことがあります。

「断定を恐れた言い方」をしていることが多かったんです。

「~なのかもしれませんね」

なんてね。

確かに、世の中のできごとを知り尽くしているわけじゃないんだから、自分の意見がゼッタイ、なんてことはあり得ません。

でも「自分はそう思っている」ということは、確かなんですよね。

それに、あいまいでぼかした言い方で発信しても、

「うん!確かにそうだ!」

っていう共感は得られにくいですよね。

だからといって、「うぬぼれる」だとか「自分に酔う」のは、違う。

以前に、ある先生からお伺いしたお話しがあります。

人前に立って話すときは、自分が世界でいちばん巧いと思って話すこと。

壇上から降りたら、自分がいちばんヘタだと思うこと。

セミナー講師などの立場の方に向けたメッセージです。

これって、ブログなどの一般的な「発信の場」にでも当てはまるんじゃないでしょうか。

発信するときの基本的なスタンスとしては

発信は力強く。態度は謙虚に。

これが大事ですね。

自信なさげにノウハウを発信しても、誰も信用してくれませんからね。

だからといって、他者を馬鹿にしたり、自分に自惚れることのないよう、自分を戒めたいものです。

先ほどのお話しを聞かせてくださったのは、いつもお世話になっているこちらの先生です。

kouen2501-1
【いい写真ですよね】

いつもありがとうございます!

フォローしてね!

スモールビジネスのオンライン勉強会「ワシ勉」