相談する相手は、どのようにして選ぶ?

初めての人と一緒に仕事をするかどうかを決める場合、あなたは何を基準に決めますか?

ワシの場合、

この人は何を目指しているのか、何に向かって仕事をしているのか

を知ろうとします。

ビジョン(将来像)が一致しない人と仕事をするのは、苦痛だからです。

人から仕事の相談を受けても
「あなたはツベコベ言わず、これをやりなさい」
とアドバイスするコンサルの人がいます。

これでは、相談者はヤル気が起きないのは当然です。

しかしコンサルは「ヤル気は本人の問題だ」と思っているでしょう。

たしかに、ヤル気は本人の問題です。

でもその前に、こういったケースでは
「あなたはいったい、どうなりたいの?」
ということをキチンと話し合っていないことが多いんです。

「どうなりたいの?と言われても…」
と戸惑う相談者に対して

「あなたはこうなるべきだ」

というビジョンを一方的に押し付けられても、ヤル気は起きませんよね。

場合によっては

「私はこうなりたい」

と言っているのにそれを否定して

「いや、あなたの場合は…」

と、人の方向性を「善意で」修正してしまう人までいます。

こうゆう人は、自分のアドバイスが聞き入れられないと

「だからあの人はダメなんだ」

などと、陰で人をなじったりするので、何重にもイヤな思いをすることになります。

だから、相談相手を探す場合には

「ビジョンを共有できるか」

「こちらのビジョンを理解してもらえるか」

を見極めてから、相談する相手を選んだ方が、自分がイヤな思いをせずに済みます。

上から目線で、人を見下すようなアドバイスをする人は、おススメできませんね。

001_450

昨日読んだ本。おススメです。著者の方のブログはこちら。

フォローしてね!

ひとりで経営している人に役立つ無料メルマガ配信中

フリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。