みんなが独自の価値観で生きている

「価値を届ける」っていう言い方、なんだか好きです。

モノを売るとか、売り上げを上げるとか、ましてや「買わせる」なんていう言い方よりも。

ネットで情報を発信している人たちが、互いの意見や発信内容などを批判しているのは、見ててウンザリしますね。

いいじゃないですか。みんな価値感が違うんだから。

自分が言っていることが正しい、だから私とは違うあなたの見解は間違っている

と主張する人は、世の中に「正しいことは唯一」という考えに囚われているんじゃないでしょうかね。

001_450
【自分の価値観を侵されたい人なんていません】

誰かに価値を届けようと思うのなら、人はみんな、それぞれの価値観で生きているってことを最初に理解しなきゃいけないと思うんですよ。

あいつはまだ新米のペーペーだ

どうせ年収があの先生の○分の1にも満たないくせに

というのは、自分の基準で相手を見ているだけであって、相手のほうが自分の何倍も幸せに日々を送っているかもしれないじゃないですか。

そんな考えの人は、自分の基準を押し付けるような形でモノを売ろうという発想になります。

だから「これはいいモノのはずなのに、売れないな」という結果に終わりやすい。

あなたが売ろうとしているものが、「いいモノではない」なんて、誰も言っていません。

ただ、多くの人がそれを欲しいと思うような価値観を持っていないだけかもしれません。

「これはいい、欲しい」と思う「ツボ」が、人によってまったく違うのかもしれません。

価値ってものを考えると
お金と替えてもいい、と思えるような意味
だと思うんですよね。

だから、原材料がいくらかかったのか、なんて、あまり意味がない。

人によって違うし、同じ人でも、タイミングによって違う。

ふだんなら使わないようなサービスでも、急いでいるときなら時間を節約するために使うかもしれない。

自分が興味のないモノにお金をつぎ込んでいる人がいたとしても、それはその人の価値観なんです。

自分も、相手から見たら興味のないモノにお金を使っているんでしょうから。

みんな独自なんですね。

絶対的なものではなくて、相対的。

そして、それが普通で、当たり前。

だれも自分の価値観に対して、人からとやかく言われる理由なんてないんですね。

フォローしてね!

ひとりで経営している人に役立つ無料メルマガ配信中

フリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。