「差別化できているつもり」の罠にハマってしまうのはナゼか

さいきんハマっている、ヤマザキの「まるごと苺」です。

この商品の構成要素を考えると、ほぼ「いちごのショートケーキ」です。

「自分は差別化できているかどうか」を自分で判断するのは、実に難しいです。

安易に「私はできています」って応える人のほうがアブナイのは、いつものことです(笑

今日は「差別化できているつもりの罠」についてお伝えします。

自分の同業者だとか「差別化したい相手」の発信を目にしていますか?

あなたは、自分の同業者だとか「差別化したい相手」の発信を目にしていますか?

ワシね、不思議に思うことがあるんですよ。

「差別化したい」

「独自の存在になりたい」

「自分は独自の存在だと思っている」

って応える人に限って、同業他社の発信を目にしていないんですよね。

だって独自の存在になろうとしているんですから、

人のことなんか気にする必要がないじゃないですか。

って声が聞こえてきそうですが。

ホントにそう思います?

差別化、独自化とは、どういう意味か

差別化でも独自化でも、コトバはどっちでもいいので、ここでは一般的な差別化という言葉を使います。

(↑こういったコトバのすり替えで目くじらを立てること自体、本質的な問題が見えなくなる、実にくだらない議論だと思います。)

差別化できている状態は、どのような状態でしょうか?

「他とは違う存在」

ですよね。

とは違う」

のです。

「他とは違うかどうか」って、どのようにすればわかりますか?

それは、ほかと比較しない限り、ゼッタイにわかるはずがないのです。

「他とは違う状態」とは、他の存在があって初めて成り立つのです。

たとえば、自分ががパーティにでかけるとき

「真っ赤な服を着て行ったら、さぞかし目立つだろう」

と思って、赤い服で出かけたとします。

パーティに参加してみたら、ほかの出席者もみんな赤い服を着ていた。

これって目立つでしょうか。独自でしょうか。

なぜこのようなことが起きたかというと

「他の人がどんな服を着ているのか知らなかったから」

ですね。

差別化されている状態とは、「相対的に自分とは違う存在」がいてくれてはじめて成り立つわけです。

「何とは違うのか」が明らかでなければ「違う」だとか「独自だ」という認識が成り立ちませんね。

「個性の主張」も同じです。

「自分が個性だと勝手に思っていること」と「人から個性だと認められること」は、違っていることも多いのです。

つまり「人からの評価」、「自分以外のこと」に目を配らなくては差別化も、独自化も、個性の発揮も、できっこないのです。

競争しないために、周囲をよく見る

「競争」という言葉も、誤解によって混乱を招いています。

「競争」という言葉を毛嫌いする人たちはおそらく「競争戦略」について読んだことがないのでしょうかね。
(イデオロギーってこわいなぁ)

経営で言うところの競争戦略のポイントは、「直接的な競争を避ける」ことにあります。

これは、大手企業でも同じです。

なぜかというと「直接的な競合」は、かならず価格競争を引き起こすからです。

この状態が望ましくないことは、大手企業であっても変わりがありません。

このことは、競争戦略の古典的な教科書にも明らかに書いてあることです。

このことを知らずに「車輪の再発明」をして喜んでいる人が多いですね。

(車輪の再発明:すでに他人が発見したことを知らずに「自分が発見した」とする愚行)

競争を避けるには、「他の人たちがどこにいるのか」を知らなくてはいけません。

誰がどこにいるのか知らなければ「同じ場所(ポジション)にいることを避ける」ということさえ、できないではありませんか。

まとめ。差別化の極意とは「相対的に他者とは違うこと」

差別化するには「ヒトとは違うこと」をする必要があるのです。

よくないパターンとしては、「同業他社のことを気にする」といっても「同業他社のマネをするために観察している場合」です。

「他があのようなサービスをはじめたから、ウチも」

という行動は自ら「他の人と同じ存在」に近づいているわけです。

今日の結論は

他者とは違う行動を採って差別化するためには、他者の観察が必要でしょ。

ってことです。

自分のビジネス、総点検してみない?

「自分のビジネスを総点検している気になる」と人気の「はじめての事業計画書セミナー」、名古屋とオンラインで開催予定です。

どこに問題があるのか、課題は何か、何をしなくてはいけないのかが明らかになります。