非常事態のスモールビジネス戦略

この事態に及んで、これまでと同じようなことを言ってるんですか?

というお話しです。

平時と緊急時では、優先順位が異なる

たとえば、ふだんはパジャマや下着姿で外出することって、原則としてありませんよね。

なぜですか?

「みっともないから」ですね。

下着姿で外をウロウロしていると、通報されかねませんものね。

つまり平時における優先順位としては「ある程度身だしなみを整えて外出すること」の優先順位が高いわけです。

では、「非常事態」を想定してみましょう。

火災が起きたとします。

このときもやっぱり「外に出るなら身だしなみを整えること」は大事でしょうか?

ちがいますね。まずは「身の安全」が最優先になりますね。

もし、すぐそこに火が迫っていたら「いま下着姿だから」なんて言っていられなくなります。

緊急事態が起きた場合には、優先順位が変わるのです。

ふだんと同じことを気にしていたら我が身が危ない事態

もし火災の時に「髪がボサボサでみっともないから」という理由でヘアスタイルを整えていたら、自分の命が危うくなりますよね。

普段の身だしなみは大事。

だけど非常時に命よりも身だしなみを大事にしていてはいけない。

あたりまえのことです。

だけど、火災の中でヘアスタイルが気になってしまう人は、この事実が見えなくなっています。

「コロナ禍の事態」は、火災と同じく、多くのスモールビジネスにとって非常事態なのです。

まだ「いつもとおなじこと」にこだわっていると、たいへんなことになる、ということです。

こんなたいへんなときに、まだそんなことを気にしているの?

ビジネスが危なくなるよ?

と思えてしまう事例がたくさんあるのです。

でも本人は「だって髪がボサボサは恥ずかしいじゃないか」と感じているのです。

火事が起きたら下着姿でも外に飛び出すこともあり得ます。

非常事態では、ふだんはやらないことをやるのが当たり前なのです。

では、非常時にスモールビジネスが選択できる戦略とは何なのか。

「非常事態のスモールビジネス戦略」について、明日の朝8:30に、メルマガでお届けします。

 

フォローしてね!

ひとりで経営している人に役立つ無料メルマガ配信中

フリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。