なぜ、発信を続けることができるのですか?

発信が続かないんですよ~(泣
どうすればいいんでしょう?

こんなご相談(泣き言?)を聞くことがあります。

あなたなら、どのようにアドバイスしてあげますか?

「朝起きれないんすよ~」は会社が支援すべき問題か

たとえば、あなたが会社員になったとします。

始業時間は8:30で、出社に間に合わせるためには7時に起床しなくてはいけません。

ところがあなたは朝はやく起きるのが大の苦手。

そんなとき

朝、起きれないんすよ~、どうすればいいでしょう

って会社に尋ねますか?

8:30に出社しなくてはいけない会社に入った以上、朝が苦手かどうかには関係なく、7時に起きますよね?

朝が苦手だとしたら、起きられるように自分で工夫するはずじゃないですか。

本当にやらなくてはいけないと自覚しているのならば、人間は色々と工夫するはずなのです。

もし、たびたび遅刻するような社員がいたとしたら、
「あの人は朝が苦手だから」
とか考慮されず、何かしら処分の対象になっても文句は言えません。

取引先との打ち合わせに遅刻したりしたら、それこそ大問題です。

そうならないよう、自分をコントロールするわけですよね。

もし、たびたび遅刻している社員がいたとしたら、次のように見られても仕方がありません。

  • クビになっても仕方がないと思っている。
  • こんなことをしてもクビになどならないだろうと舐めている。
  • 取引先に迷惑がかかることなど知ったことではないと思っている。
  • そもそも真剣にその会社に貢献する意欲などない。

つまり「社会人だったら、それくらい自分で管理しろ」なのです。

私は子どものころから朝起きるのが苦手だったほどなのに、
会社はわかってくれない…。

なんて会社に訴える社員がいたとしたら、どこかズレている、甘えていると思いませんか?

この人は自分の成果をコントロールするために、自分の行動をコントロールできない人だ。

というレッテルを貼られるだけではありませんか?

何か、特別に厳しいことや、スパルタなことを言っているでしょうか?

「仕事のブログが書けないんすよ~」は「朝起きれないんすよ~」と同じ?

「朝早く起きられない」のだとしたら、前の晩のお酒をやめてみるだとか、早く就寝してたくさん眠るとか、自分なりの工夫をするはずですよね。

それがわかっているのに、深夜までお酒を飲んでおいて「朝起きられないんですよ~」というのは、甘えているだけだと感じられませんか?

「仕事のブログが書けないんですよ~」

も同じだと思うんです。

そういったセリフの中のどこかに

(書けと言われたので仕方なく書かなくてはならないんだけど)書けない。

というニュアンスを、ワシは感じてしまうのです。

朝、起きれなければ、取引先に迷惑がかかるだけです。

会社がクビになるだけです。

でもそれって、誰が悪いわけでもなくて「自分で選び取った選択だ」ってことですよ。

  • ふだんからネタを書き留めておく。
  • インプット量を増やす。
  • 目標時間を決めて書く時間を計測してみる。
  • 「言い回し」「構成」のストックを増やす。

「何の努力もせずに書けているように見える人」のうち、多くの人は、それくらいのことはやっていると思うのです。

こういった取り組みや試行錯誤をせずに

「書けないんですよ~」

と言う人は、前夜に深酒しておいて「起きられないんですよ~」って言ってる人と同じだと思うんです。

本気で成果を出したいのなら、何かのせいにせずに、本気で工夫して自力で取り組もうよ。

小さなビジネスの売上を2倍にする無料メールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業