起業のリアル。凡人の「失敗の法則」

なぜかコロナの時期に入ってから、新規のご相談をたくさんいただいています。

今日の話題は

「新規創業でうまくいかないケース」

のお話しをメルマガでお届けします。

時間をかけて見届けた「失敗」から見えてきたもの

ワシ自身、多くのスモールビジネスの立ち上げや業績アップのお手伝いができたことは、自慢です。

だけどその裏で失敗もたくさん見ています。

この「多くの失敗を見届けていること」は、一つの強みだとも思っています。

「失敗の瞬間」だけではなく、「失敗していくプロセス」を、ばあいによっては何年にもわたって観察したケースがいくつもあるのです。

バクチ的な商売をしたり、社会問題を起こしたりしない限り「一度だけの致命的な失敗」でコケた例は多くありません。

失敗した起業は、むしろ「時間をかけて自覚なき失敗を続けている」と言ってもいいでしょう。

また、事業では「失敗」そのものは必ずしも悪ではなく、成功への布石になることも多いです。

もっとも大きな問題とは「事業が続けられなくなること」、個人で言えば「メシが食えなくなること」という「最終的な失敗」なのです。

この記事では、失敗という言葉をこの「最終的な失敗」の意味で使います。

失敗にはある程度のパターンがある

成功はパターン化できないものが多く、失敗はパターン化されていることが多いです。

(成功がもしパターン化された場合、それは即座に一般化し、すぐに「成功法則」ではなくなります)

だけど「成功の研究」をする人は多くても、「失敗の研究」をする人は多くありません。

手に入る情報も「成功事例」が圧倒的に多数で、本来は成功事例よりも圧倒的に多いはずの「失敗事例」は手に入りにくいものです。

だから同じ失敗をする人が後を絶たないのです。

明日の08:30にお届けするメルマガでは、この

「多くの起業が失敗する理由」

について、ワシがこれまでに見てきた「起業の失敗例」を参考にお伝えします。

 

フォローしてね!

フリーランス、個人事業者向け経営相談会

個人ビジネスのお悩み解消のための、一回限りのコンサルティング。人数限定。