売れるブログ記事に生まれ変わるためのポイント

何年もブログ記事を書き続けていますが、書いても書いてもさっぱり売れません。

ネットを見ていると、ゼロから書き始めて1年で売れている人もいるようです。

いったい、自分と彼らは、何が違うのでしょうか。

(よく聞くご相談)

ワシはネット上に何かしら文章を書き始めて、すでに20年近くが経ちます。

だけど、「売るために書く」ようになったのは、ごく近年のことです。

それまでは、単なる「雑記帳」のようなものでした。

とうぜん、「売るために書く」ことを意識しはじめる前は、まったくと言っていいほど、売れませんでした。

時間をかけてお客さんとの関係を作らなくても、売れるものは売れる

先日、noteに2本目の記事をアップしました。

2本目にして、有料記事です。

2本目で有料記事を出して、はたして売れるのかな?

と心配でしたが、滑り出しはとりあえず順調に売れはじめています。

知り合いの人も買ってくださっていますが、おどろくのは、

おそらくこれまでワシのことなど知らなかった人たちも、買ってくださっている、ということです。

ブログ記事で人を集め
 ↓
メルマガやSNSで関係を作り
 ↓
信頼関係や人間関係をベースに売っていく

というパターンが、SNS時代の販売手法だと、ワシ自身も捉えていました。

でも、そうでなくても

「見ず知らずの人のコンテンツを、その場で買う」

というパターンもあり得るんですねぇ。

すぐに売れる「強い文章」とは

一般的には

お客さんとの関係をつくらずにすぐ売れるためには、商品力(強い商品)が必要である。

と言われています。

つまり、魅力に満ちた商品、知ると欲しくなってしまう商品、ということです。

たとえば「お掃除ロボット」が最初に発売されたときは、そのブランドのことを知らなくても、多くの人が欲しくなったと考えられます。

それだけ商品力があったのでしょうね。

フリーランスや個人事業の多くは、物理的な「商品」を持っていません。

フリーランスの多くは、サービス業だからです。

サービスは「手にとる」「肌にふれる」ことができないため、「強い商品」がなかなかイメージできませんね。

それをあらわすものが「文章」です。

文章そのもので、商品の魅力がアップしたり、ダウンしたりするのだ。

と思えばいいでしょう。

サービスのように「手にとって確認できない」「具体的な性能をあらわすことができない」商品を販売する場合は、

強い文章力が、そのまま強い商品力になるのです。

書いても書いても売れない、という人に足りないもの

書いても書いても売れない。

という人は、かつてのワシのような状態に陥っているのかもしれませんね。

以下のような点をチェックしてみてください。

  • 読み手に対する想像力が欠如している。「書き手本位」になっている。
  • 雑記帳になっている。書く目的が明確になっていない。
  • そもそも「売っていない」。
  • うまくいかない原因を分析していない。
  • 具体的に必要なことに関しては、いま急ピッチで「売れるウェブ文章術」のセミナー動画のシナリオをまとめているところです。

    完成したら無料メルマガでまっさきにお伝えしますので、ぜひ登録しておいてください。

     

    フォローしてね!

    フリーランス、個人事業者向け経営相談会

    個人ビジネスのお悩み解消のための、一回限りのコンサルティング。人数限定。