起業で「儲からない」と感じた時のチェックポイント

ブログを立ち上げてみたけど、サッパリ注文がない。
チラシを作ってみたけど、売れない。
せっかくお金と時間をかけて資格を取ったのに。
なんで?なんで?なんで?
こんなにがんばっているのに!

ワシのところにも、このような方がたくさんご相談にいらっしゃいます。

このように「なぜうまくいかないのだ!」と感じた場合にチェックすべきポイントについて、お伝えします。

このような問題を抱えたひとが、どのようにして「相談ごと」を言葉にされるかというと、こんなカンジです。

  • やっぱりインスタもやったほうがいいんでしょうか?
  • もうひとつ資格を取ったほうがいいでしょうか?
  • このチラシ、どうすればよくなるでしょうか?
  • もうひとつ考えている事業に替えたほうがいいでしょうか?

でも、このように相談を持ち掛けられる側の立場になって、考えてみてください。

この質問のしかたで、正確にアドバイスができるでしょうか?

できないとしたら、それはなぜでしょうか?

もしかして、

「この質問のしかたでは最適なアドバイスができない」

という点と

「このような問題の捉えかたでは、解決できない」

という点には、共通点があるのかもしれませんよ。

つまり、「問題点の捉えかたそのものに、問題がある」ということです。

なぜその「問い」では答えが得られないのか

さきほどの

  • やっぱりインスタもやったほうがいいんでしょうか?
  • もうひとつ資格を取ったほうがいいでしょうか?
  • このチラシ、どうすればよくなるでしょうか?
  • もうひとつ考えている事業に替えたほうがいいでしょうか?

といった質問では、なかなかアドバイスが難しい理由をお伝えしましょう。

それは、

その質問が出てくるに至った背景や、何を狙いにしているのか、がさっぱりわからないからです。

でも、その点についてお伝えすると、こんどは「事業をはじめた経緯」から、長いストーリーを話し始める人も多いので、これはこれでまた困ったお話しになるのです(笑

問題を解決しようとする前に、問題の正体をつきとめよう

ワシがお伝えしたいのは

問題を整理しましょう。

ということだけです。

ここで、とても大事なことをお伝えします。

それは

解決すべき問題が何なのかがハッキリしていないと、解決できない。

ということです。

でもこれだけだと「どうすれば問題が整理できるのか」ということがわかりませんよね。

そこで、以下の点に気をつけてみてください。

  • そもそも、自分はどのような状態になっていれば満足なのか。(具体的に)
  • 今の状態の、何が問題なのか。なぜ問題だといえるのか。それを放っておくと、どうなるのか。それは本当に問題だと言えるのか。

実は、この2点についてあいまいであることが、きわめて多いのです。

そして、大事なこととして、この2点について考える際には、必ず書き出してください。

問題の解決法を考える前に、問題そのものについて、徹底的に分析し、考えるのです。

答えの質は、問いの質に左右される

この「書き出す」ということ。

何が問題なのかを徹底的に考える、ということです。

あいまいな「問い」には、あいまいな「こたえ」しか得られません。

こたえの質を上げるには、「何が問題なのか?」という問いの質を上げる必要があるのです。

問いの質を上げるには、書き出すに限ります。

「書き出しましょうね」とお伝えしても、なぜかやらない人が多いんです。

頭の中で考えれば済むことだ。

と思ってしまうんでしょうね。

「書き出す」という行為は、自分の思考を可視化する、ということです。

この重要性を、まずは理解しましょうね。

この作業をスケールアップしたものが「事業計画書」なのです。

もしご要望がありましたら、オンラインまたは教室で、また「事業計画書作成セミナー」やりますね。

イベントの予定などは、無料メルマガでいち早くお伝えしています。

 

フォローしてね!

【お知らせ】スモールビジネス向けオンライン勉強会、会員募集中

オンラインで参加できる個人ビジネス勉強会「ワシ勉」。
オンラインなのでどこからでも参加できます。
動画セミナーなのでいつでも勉強できます。