デザインのほとんどは知識で説明できます

ワシは、デザインの仕事に携わっていながら、学校などでデザインというモノを学んだことがありません。

芸大出身でもなければ、デザイン専門学校で学んだことも、デザインスタジオに務めたこともありません。

このことは、長らく自分の「弱点」だと思っていました。

バリバリのキャリアを積んできた人たちには適わない、と勝手に思い込んでいました。

なのに、一方ではデザインスクールで講師として勤め、プロのデザイナーを育成してきました。

「そんな人から教わっていた生徒さんがかわいそう…」

って、思います?

ワシはそうは思いません。

イヤ、正直に言うと、そう思っていた時期もありました。

でも、一番かわいそうなのは

「経歴を持たない講師から学んだ人」ではなくて「こんな私から学ぶなんてかわいそうと思っている講師から学んだ人」なんじゃないでしょうかね?

もちろん、自分の足りない部分を補うために、自分なりにたくさん勉強しました。

001
【デザインを独学していたころに読んだ本。日焼けして色あせてしまいました】

この経験が今、とても役に立っていると思っています。

それは「デザインする人の立場」もわかれば「デザインというモノの経験を持たない人の立場」もわかるからです。

一部のデザイナーは、よくわからない抽象的なコトバを繰り出し、こちらが「?」と思っていても

「なんでわからないの?」「いや、わからない人はしかたがないけどね」

などという、「自分と相手との距離」「ワタシはあなたとは違うのよ」という差別意識を、意図的につくりだしているように感じることがあります。

これはいったい何なんだ?

と思いませんか?

デザインがわかると偉いのか?

デザインがわからないのはバカなのか?

それよりも・・・

「デザインとはこうゆうものだ」って、説明できる人のほうが、デザインがわからない人にとっては「うれしい存在」なんじゃないでしょうかね?

誰にでもわかるようにデザインというモノを説明できる人のほうが、「自分はデザインできるけど、人には伝えることができない人」よりも、よっぽどみんなのためになるんじゃないのか?

コンピュータシステムの業界にいた時にも、経営コンサルティングの勉強をしていた時にも、思ったことです。

相手がわかるかどうかにかかわらず、専門的なコトバを振り回して相手をケムに巻くようなやり方は「自分にはコミュニケーションの力が無い」と宣言しているようなモノです。

「デザイン」も「コンサルティング」も、その土台にあるのは「コミュニケーション」です。

誰が何と言おうが、これは間違いないとワシは確信しています。

だから、自分なりに説明の仕方を工夫して「誰かに伝えることができる」というのは、またとない「デザイン」や「コンサルティング」のスキルだと思うんですよね。

デザインも、コンサルティングも、知識で説明できます。

特別な人だけに備わった「センス」や「特殊能力」ではありません。

パソコンを使って自分でチラシや名刺を作っていても「自分にはデザインのセンスがないから」とあきらめているアナタ。

それは、あなたに「デザインにはセンスが必要」という誤解のせいです。

デザインに必要なのはセンスではなくて知識です。

デザインは、知識でカタがつきます。

習った人は、それを知っています。

学びさえすれば、誰でも身につけることができるスキルです。

そのことを多くの人に気づかれてしまうと困る人たちが「センスの問題だ」と言っているだけです。

そんな話題を、こちらのセミナーではお伝えします。

残り席が少なくなってきましたので、お早目にお申し込みくださいね。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー