発想の源はアナログ

ひさしぶりに「アナログな仕事」をしております。

001

純粋に、楽しいっすね。

デジタルがつまらないわけではないんだけど、こうして「手書きのモノ」に囲まれていると、子供の頃の落書きやマンガを思い出し、懐かしい気持ちになります。

道具が変わっても、作るモノは変わらない

チラシを手書きで作ろうが、Illustratorで作ろうが、「基本的なモノ」に違いは無いと思います。

作るための「道具」が違うだけですからね。

名曲、「曲そのもの」の美しさは、アナログな楽器で演奏しても、コンピュータ演奏でも、変わりません。

でも、「人の心に沁みるか」という問題になると、これはテクニックだけではなく、いろんなメンタルな要素が入ってきますからね。

「同じ名曲でも、歌う人、演奏する人によって伝わってくるものが違う」という現象と、広告もよく似ているのかもしれません。

デジタルでは「発想」そのものは生まれない

今の時代、コンピュータでも自動で「作曲」することができます。

どのような旋律であれば「人は心地よいと感じるか」というパターンを無数に記録しておけば、「それらしい曲」はコンピュータでも作ることができるんですね。

でも「人の心に残る名曲」は、いまだにコンピュータでは作ることができません。

やっぱり、発想そのものは、アナログな存在である人間によって生み出されるんですよね。

「こうして、こうして、こうすれば、優れた広告を作ることができる」という「再現性の高いノウハウ」は、一種の「デジタル」だと思います。

でも、「うまくいった他のお店の広告」を、ソックリそのままマネてうまくいったとしても、「そのお店らしいかどうか」とは別の次元のお話しですね。

フォローしてね!

ひとりで経営している人に役立つ無料メルマガ配信中

フリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。