フリーランスの事業計画書(経営計画書)の策定をお手伝いするサービスです。

事業計画書を作ったことがある人は、業績が伸びている割合が多い

フリーランスや個人事業者の半数近くは「事業計画を作ったことがない」という統計が出ています。(平成24年度中小企業白書/中小企業庁)

その一方で、事業計画を作ったことがある人は、作ったことがない人に比べて「売上が増えている」と答えた人が68.3%も多いんです。

平成28年度中小企業白書(中小企業庁)より

フリーランスや個人事業とはいえ、計画的な経営は、業績アップに効果が認められているのです。

実際に真剣にビジネスに取り組んでいる人から、

事業計画書を作ってみたいのだけれど、見たこともないし、どのように作ったらいいのかわからない

という声を聴くことが多いです。

そこで、オンラインで打ち合わせをしながら、マンツーマンで「事業計画書の作成」のお手伝いをするのが、この「事業計画書作成支援サービス」です。

事業計画書に含まれる内容

このサービスでは、中小企業庁が定める「早期経営改善計画」に基づく書式を利用して、事業計画書を作成します。

このサービスを通じて作成する事業計画書に含まれる内容は、以下のような書式です。

事業計画書作成支援サービスで作成する書面

ビジネスモデル俯瞰図
どのような事業を、どんな規模で、どのような取引形態で営んでいるのか。一枚の書式であなたのビジネスの概要を伝えるための書式です。ご自身でも自分のビジネスを俯瞰して分析することができる、便利な書式です。
課題分析表
現在、どのような点に問題を抱えているのか、その問題を解決するには、どうすればよいのか。将来どのような方向に進んでいくのか、そのために何をしなくてはならないのかといった問題点や課題を表形式でまとめます。
アクションプラン
「課題分析表」で取りあげた課題のうち、緊急度が高い項目や重点的な項目について「具体的にいつまでに何をするか」といった「行動レベル」にまで計画を落とし込んだ書面です。この行動によって、経営にどのような改善を見込むことができるかといった点まで踏み込んで作成します。
損益計画
アクションプランの実行によって、会社の経営にどのような影響が出るのか、損益計算書の書式を持って数か年の計画を建てます。実際の「経営目標」を数値化したものと言えます。

こんな人におススメです

  • これまで創業計画書や事業計画書などを作成したことがないフリーランス、個人事業者、個人店。
  • これまで無計画に経営を続けてきたので、「計画的な経営」を身につけたい。
  • 売上や経営が思わしくないので、問題点や課題を分析したい。
  • 自分のビジネスを客観的に見直したい。
  • 金融機関や取引先に、自分のビジネスが「しっかりした経営」をしていることを印象付けたい。
  • 自分自身の目標や指針を定めたい。

このように進めます。

  1. このページの最後にお申込フォームがございます。こちらからお申し込みください。この時点ではまだ費用は発生しません。お申し込み後、このサービスの対象者であるかどうかを確認させていただくために、簡単なアンケートにお応えいただきます。
  2. サービス対象者であることが確認できましたら、その旨のご連絡と共にメッセンジャーツールなどによって「日程調整」を行います。オンライン打ち合わせのための時間を全4回、押さえていただきます。この時点で最終的なお申し込みのご意思の確認と、お支払いをお願い申し上げます。(オンライン決済、カード利用も可能です)
  3. 第1回目の打ち合わせでは、あなたの事業の概要をヒアリングし、「事業計画書の全体像」と、「ビジネスモデル俯瞰図」についてのご説明をいたします。宿題として「ビジネスモデル俯瞰図の完成」「経営課題の抽出」が次回までの完成課題です。
  4. 第2回目の打ち合わせでは、宿題として作成していただいた「ビジネスモデル俯瞰図」「経営課題の抽出」の添削と、「アクションプラン」に関するコンサルティングと検討を行います。
  5. 第3回目の打ち合わせでは、宿題として作成していただいた「アクションプラン」の添削と、「損益計画」に関するコンサルティングと検討を行います。
  6. 第4回目の打ち合わせでは、これまでの書面を総合してチェックし、計画性や妥当性について検討します。
  7. その後、「完成版」をメールでお送りいただき、完成した事業計画書の添削結果を含めた「コンサルティングレポート」をお送りして、サービス提供の完了とします。

※実際には、お客様の事情に合わせて可能な限り柔軟に運営いたします。打ち合わせ回数の削減や日程の短縮化など、ご相談ください。

お申し込み前にご確認ください

  • この「事業計画書作成支援サービス」は現時点では「フリーランス・個人事業者・個人店」の方を対象としています。法人のかたは別途ご相談ください。
  • 事業内容、事業規模などによっては、対応できない場合がございます。事前にご確認のためのご連絡をさせていただきますので、その時点で対応できないことが判明した場合には料金はいただきません。
  • 現在事業を営んでいる方のお申し込みの場合、お申し込みから事業計画完成までの期間は、早い人でおおよそ1ヶ月、遅くともおおよそ2ヶ月を見込んでいます。
  • 打ち合わせは、原則としてすべて「オンライン打ち合わせ」で実施します。
  • ご要望によって、全4回分の打ち合わせを2回か3回にまとめて行うことも可能です。また「進みかた」や「理解度」によって、打ち合わせが全3回で終了することもあります。(費用は変わりません。)

商工会議所でも経営相談員を務めるコンサルタントです

商工会議所や自治体でも経営相談員を務めるコンサルタント、高橋浩士による助言と支援です。

これまでの公的機関による経営相談員/経営相談実績

  • 宮崎県「みやざき成長産業人材育成事業」経営相談会
  • 新宮商工会議所「エキスパートバンク」による経営相談会
  • 公益財団法人ソフトピアジャパン「IT経営アドバイザー」事業指導
  • 岐阜商工会議所エキスパートバンク事業登録エキスパート
  • 岐阜県産業経済振興センター登録専門家

これらの公的事業での「経営相談」の実績があり、経営相談実績が110件以上。

フリーランスのための事業計画書作成支援サービス 60,000円/4回の打ち合わせ
  • 事業規模や事業内容、書面のボリューム、打ち合わせ内容によっては別途お見積が必要な場合がございます。ご相談ください。

お申し込みになるには

こちらからお申し込みください。

ここからお申し込みになっても「お支払い」は確定しません。

こちらから業種などについてメールなどでお尋ねした上で、最終的なご意思の確認をいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ホームページ/ブログのアドレス

お住まいまたは事業所の所在地(県~市町村までで構いません/必須)

事業内容(わかりやすく簡単にお願いします)

開業年次(必須)

具体的なご相談事項/質問事項/補足事項がありましたら、記入してください