来てほしいお客さんに来てもらうには

わたし、高橋さんのようにうまくイッパツで自撮りできないんですよね~

…え?ワシ、イッパツで自撮りしてるなんて、言いましたっけ?

一枚の写真を上げるために、これくらいの枚数を撮ることはザラにあります。

中にはこのような「ほぼ放送事故レベル」の写真もたまに撮れたりしてオモロイです。

ほぼ放送事故レベル


こういったボツ写真をたくさん撮っていると、「いい写真」も中には混じってくるんですよね。

プロの写真家じゃないんですからね。

「いいお客さん」に来てもらっていますか

ワシも起業当初は、「望まないお客さん」に何人も遭遇して、イヤな想いをしてきました。

客先の「使いッパシリ」のようなことをさせられたこともあります。

「仕事をくれる人は、すべて等しく大事なお客さん」と思っていましたが、それは違ったんですね。

そのことがわかって以来、自分でも工夫を重ねて、いまはほとんど「来てほしいお客さん」に来てもらうことができています。

「こちらの仕事を尊重していない」
「けっきょくお客さんは安さしか求めていない」

お客さんに対して不満がある人の場合、自らそのようなお客さんを招いている可能性が高いです。

「困ったお客さんは断る」というのはもちろん大事なことです。

だけど、いちばん効果的なのは「困ったお客さんは最初から来ないように工夫する」ことですね。

ワシのコンサルクライアントさんは、はじめて連絡をくださったときから、ワシの方針や基本的な考え方を理解してくださっている人が多いです。

おかげで「互いに」たいへん仕事がやりやすいと感じていると思います。

先ほどお伝えしたように、ワシも以前は「お客さんのパシリ」のようなことをしていた時期もありました。

どのようにして「望ましいお客さんだけが来るようになったのか」について、明日3月14日12時配信のメルマガでお伝えすることにします。

このメルマガをお読みになりたい方は、それまでに無料メルマガに登録しておいてくださいね。

 

1,000人の経営者に読まれているメールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業