「時間がかかって仕方がない」の対処法

今日が確定申告の最終日ですね~。

みなさん、お疲れ様でした。

確定申告のための作業に、どれくらい時間がかかりましたか?

ワシは、3時間くらいでした。

そのヒミツは、毎月「月次処理」をしていたからです。

はじめて自分で確定申告をしたときには、たしか4日くらいはかかっていました。

早くできるようになるには「慣れ」がいちばん

先日、ワシがお客さんや大事な方だけにお送りしているニュースレター「ワシ通信」が完成して、印刷が上がってきました。

いま、絶賛発送準備中です。

絶賛発送準備中!

超スローペースの発行で、今回で22号を迎えました。

これも、最初の10号くらいまでは、作成に何日もかかり、投げ出そうかと思ったことも何度かありました。

いまでは、合計して6時間くらいで入稿(印刷にかけること)までできるようになりました。

ブログ記事も同じです。

たとえば、このブログ記事を書き上げるのにどれだけの時間がかかったのか、記事の完成後に計ってみることにします。

(この記事を書くのに何分かかったのかは、記事の最後に)

慣れるまで繰り返し続けられるかどうかがポイント

最初の頃は、ブログ記事を書くのに、何時間もかかっていました。

慣れてくると、「早くできるためのコツ」が身に付いてきます。

  • わからないことが減り「調べる時間」がなくなる
  • やらなくてもよいことがわかるようになる
  • パターンや型が身に付く
  • 完成度に対する「見切り」ができるようになる

多くの人は、早くできるようになる前に投げ出してしまいます。

そして、「早くできるようになるための工夫」をしていません。

最終的には「何度も繰り返すほかない」ということになります。

「時間がかかるから」という理由で、ブログ更新のペースを落としてしまうと、繰り返す練習ができませんから、いつまでたっても早く書けるようになりません。

どんなことでも、最初は時間がかかってしまうものなのです。

なんとか続けているうちに、早く書けるようになってくるものなのです。

確定申告も、ニュースレターも、メルマガ記事も、セミナーの準備も。

やってみてわかったことですが、すべて何度もやっているうちに、早くできるようになりました。

まだブログ記事に時間がかかってしまう人は、以下の点に注意して書いてみてください。

  • 書き始める前に「〇分以内に書く」と目標を決める
  • 時間を計って書く
  • 予想と実際にかかった時間の差をチェックする

目標時間内に書けなかったからといって、落ち込む必要はありません。

まずは、どれくらいの時間でどれくらいの記事が書けるのか、自分で把握することが大事です。

これを繰り返している間に、6か月以内には早く書けるようになりますよ。


この記事を書き始めてから、この最後の文章を書くまでにかかった時間は、11分でした。

書き上げ後の文章の調整や、画像挿入などの処理も含めて、16分でした。

今日は「ワシ塾」名古屋校がある日ですので、早めに書き上げたかったからです。

毎回この時間で書いているわけではありませんが、「早く書きたいときには早く書ける」ようになると、便利ですね。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー