しがみつかないで取り組んでみよう

昨日の月曜は静岡県三島市で「ワシカフェ」だったため、今日は作業的なお仕事です。

クライアントさんの週報の返信レポートやコンサルレポートなど、今日は8人分のレポートを作成します!

むおー、気合入れねば。

なんとか使わなくてもいいように、しがみついていませんか

昨日はじめてつかった「スマートEX」。

券売機や窓口で切符を買わなくても、事前にスマホから予約して新幹線に乗れる仕組みです。

便利ですね~。

そしてこんな時に思うのです。

なんでもっと早くやらなかったのだろう。

これ、けっこうよく体験する感覚だと思うんですよね。

そして、こういった体験をした場合、もうひとつ大事な現象を体験します。

一度知ってしまったら「なかった時の状態」に戻ることはできない

携帯電話やスマホがそうですよね。

海外では「コンビニのありがたさ」を痛感しますね。

ちょっと前まで小銭でお金を払うのは当たり前だったのに、今はキャッシュレス決済がないお店を避けがちになりますよね。

いちど体験してしまうと便利すぎて、もう「それが無い状態」には耐えられなくなります。

だから、一般的にはこういったものは早く導入したほうがいいですよね。

だけど、人に先んじて早く導入するときには、ちょっとだけ勇気が要ります。

「果たしてこれが一般的になるのだろうか?」ってね。

大事なのは「仕事に影響する場合」

たとえ乗り出すのが遅れたとしても、それが生活上のことであれば、とくに問題になることは少ないでしょう。

たとえば、いまだに掃除機を使わずにホウキとハタキで家を掃除していたとしても、時間はムダかもしれません。

掃除機の便利さに気づくまで自分は損を感じないものです。

誰にも迷惑はかけませんね。

スマートEXも、もし使わなかったとしても、自分が券売機の前に並べばいいだけです。

だけど商売上のツールでは、このようにはいきません。

お客さんや取引相手に面倒を押し付けてしまうことが多いのです。

たとえば、いまだに「メールは使えないのでFAXで送ってください」という人がいたら、どうでしょう?

メールならば書面をそのまま添付して送ることができます。

FAXであれば、プリントアウトして、FAXにセットして、という手間が増えますね。

場合によってはイマドキFAXを持たないオフィスもあるので、その際はさらに面倒なことになります。

「ちょっとこのひとと仕事するの、面倒だな」ということになってしまいますね。

つまり仕事上の「ツールの進化」は、自分以外の人との関係の上で、導入を決めたほうがいいのです。

だって、メールやメッセージで送れるものが、いまだに違う手段でないと送れないとしたら、メールを使い慣れた人にとっては面倒でしょう?

だから「私はそういうの苦手で」っていう態度は、「相手に迷惑をかけます宣言」をしているのと同じなんですよね。

キャッシュレス化が進んで来ると「現金のみです」というお店は、お客さんに面倒なことをお願いしていることになってくるのです。

自分がそれを導入していないことによって、周囲の人が不便や迷惑を感じ始めたら、いくら腰の重い人でもそのタイミングが「導入ポイント」です。

いったん知ってしまったら「なんでもっと早くやらなかったのだろう。」と思うことばかりですよ。

遠回りしない起業セミナー2019

ひとりで起業したのに、思ったほど儲からない!ぜんぜん売れない!何か根本的に「やりかた」が間違っているんじゃないの?
そんなふうに思っている人のためのセミナーです。

日程
5月31日(金) 東京 13:00~15:00
6月7日(金) 大阪 13:00~15:00
6月12日(水) オンライン 13:00~15:00
6月14日(金) 名古屋 13:00~15:00
6月26日(水) 札幌 13:00~15:00 NEW!
セミナー後に、近くのカフェなどで「懇親お茶会」を開催予定です(参加費は自分のお茶代のみ)
参加費
各会場5,000円 オンラインのみ3,000円
定員
各会場9~10名
会場によって異なります

 

1,000人の経営者に読まれているメールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業