まだ仕事がない人の発信法

春休みの間は行けなかったモーニングに、奥さんと行ってきました。

デニーズのモーニング

このわずかな時間の「まったり」が、精神的にけっこう重要ですね。

仕事がないから、仕事の発信ができない?

「ひとり起業」で独立して仕事をはじめたばかりで、まだ仕事の依頼が無い。

起業してしばらく経つけど、なかなか仕事がない。

そんな人にも

「仕事をしている様子をSNSやブログで発信をしよう!」

ってお伝えしています。

すると、このようなご意見をいただきます。

まだ依頼もないので、仕事をしていません。
だから、仕事をしている様子を発信しろと言われてもムリです。

それそれ、その発想。

「依頼が無いので仕事がない。だから仕事をしている様子も発信できない」

という発想では、「仕事をいただける存在」にはなれませんよ。

いま依頼されている仕事、具体的な案件がなくたって、仕事をしている様子を発信することはできるのです。

ある意味、その後しごとが入ってくるかどうかは、これを続けられるかどうかがポイントです。

ワシが塾やコンサルでもお伝えしている、とても大事なことです。

仕事が無いときの発信法

について、メルマガでお伝えしますね。

今回のメルマガを見逃さないためには、今日の17:00までにメルマガ登録しておいてくださいね。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー