個別対応サービスのスモールビジネスが抱える課題

雨がつづくと、なかなかウォーキングを再開できませんな。

さいきんビジネスのご相談が多いのが、整理収納アドバイザーさんです。

「整理収納系」「お片付け系」のほかの資格を持つアドバイザーさんも含めると、10人単位の、けっこうな人数です。

彼女らのお仕事の多くは「自宅のお片付け」ですね。

ご依頼を受けて、ご訪問して、お片づけをして差し上げて、お金をいただく。

このようなお仕事形態は、抽象化すれば、ほかの多くのお仕事にも当てはまります。

個別対応ビジネスが抱える共通の課題とは

パーソナルトレーナーさん。パーソナルスタイリストさん。ご依頼を受けて撮影に訪れるフォトグラファーさん。マンツーマン形式の先生。

ほかにも、デザイナーさんやライターさん、プログラマの一部にも当てはまります。

これらのお仕事のビジネスモデルでは、共通の課題を抱えています。

忙しくなってくるとすぐに売上が頭打ちになりやすいお仕事なのです。

そんな個別対応サービスのスモールビジネスが抱える課題について、あす7月2日の17:00配信のメルマガでお伝えします。

1,000人の経営者に読まれているメールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業