スモールビジネス立ち上げで最も大事なポイント

気軽にお茶を飲みながら、自分と同じスモールビジネスの人たちとの出会いや会話を楽しむという企画「ワシカフェ」。

7月2日に開催した「ワシカフェ北名古屋」

この「ワシカフェ」の開催を続けているのは、理由があります。

その理由とは「スモールビジネスの人たちの声や体験を聴くことができる」からです。

いろんな方々のお話しを聞いていると、「ビジネスを立ち上げて軌道に乗せるまでが早い人」と「なかなか売上げを上げられない人」の差が見えてきます。

「スモールビジネス起業がうまくいくかどうか」の分かれ道は、専門分野に関する知識の量だとか、その仕事の経験年数は、あまり関係がありません。

これがもし「喫茶店をはじめる」だとか「ヘアサロンを開店する」というお話しであれば、状況は変わってきます。

つまり「初期費用がたくさんかかる起業」です。

だけど、ワシが対象としている方のほとんどは、スマホとパソコンがあれば起業できるような、身軽なフリーランス型スモールビジネスであることが多いのです。

このようなフリーランスの形態でのスモールビジネス起業では「うまくいくかどうか」を分ける、決定的なポイントがあります。

「今の時代だからこそ」のスモールビジネス起業のポイントとは

これは、ここ数年間に新たに発行される「スモールビジネス起業」では広く言われていることです。

これが、10年以上前の「起業本」となると、今の時代の起業本とは逆のことが書いてあったりします。

今の時代の「スモールビジネス立ち上げの最重要ポイント」について、今日17:00送信予定のメルマガでお送りします。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

スモールビジネスのオンライン勉強会「ワシ勉」

オンライン動画セミナーやオンライン会議/グループコンサルを通じて学ぶ、フリーランスや個人事業者向けの勉強会です。Facebookの専用グループで仲間同士のコミュニケーションも可能。
オンラインを主体としているので全国どこからでも参加できます。