「価値ある情報を発信せよ」って言うけどね

パッケージデザインの「不健康さ」が気になって、つい買ってしまった(笑

「ライフガード」チェリオコーポレーション

ふだん、外出先で飲み物を買う場合、9割は「水」なのですが、この暑さのせいか「甘い炭酸」が飲みたくなって、手に取ったのがコレです。

パッケージって大事だなぁ。

さて、「影響力がある発信」について考える2回目。

今日は「価値ある情報」についてです。

「価値ある情報」ってどんな情報のこと?

よくさ。

お客さんに価値ある情報を届けよう!

って聞きますよね。

間違ってはいないと思う。

でも肝心なのは、どんな情報が価値ある情報なのか、ってことなんじゃないでしょうかね。

そう聞くと「お客さんに役立つ情報」という応えが反ってきそうです。

では、どんな情報が役立つ情報なの?

多くの人は、自分の専門分野について、掘り下げた情報を発信することが「役立つ情報」だと思っているようですね。

もちろん、そうでしょう。

だけど、日々発信する情報って、自分の専門分野に関することだけではありませんよね。

とくにSNSでは、日常的な話題の発信のほうが、多いくらいです。

むしろ投稿数が多い分、こちらの「日常の記事の価値」は、重いんじゃないかと思うんですよ。

でも、遊びに行ってきましたとか、コレ食べました、って情報に、どんな価値を載せられるのでしょうかね。

「ほんのちょっとした価値の積み上げ」が影響力を持つ

たとえば、こういった投稿。

さいきんお気に入りのからあげ屋さん「からやま」です。

日ごろのこういった「食べてきました」って発信、よく見かけますよね。

言いたいことは「おいしかったよ」「楽しかったよ」という情報だと思います。

でも、けっこう多くの人は「そのお店はどこにある、何というお店か」という情報を載せていません。

おいしそうな写真、お得な情報、気になる商品を見かけたら、多くの人は

それいいね!どこのお店?なんていう商品?

ってことが気になるはずです。

そこで商品名やお店名がないと「何てお店?」ってコメントが入って、にぎわっているカンジが出るかもしれません。

だけど中には「気になったけど尋ねずにスルー」する人も出てきますよね。

オイシイ食べ物を食べたのなら、お店の情報をお伝えして上げたほうが、見ている人にとっても、お店にとってもハッピーじゃないですか。

この「発信する姿勢」も、洞察力の深い人は読み取っていると思うんですよね。

ワシの場合、お店で撮った写真で、「チェックイン」の機能に名前が出てくる場合には、できるだけ「お店情報」を付加しています。

お出かけする際にも

「今日の名古屋はムシムシしてて、午後から雨だそうです」

だとか

「この時間の国道●号線は混んでいますね」

といった、さりげない情報でも「ちょっとしたありがたい情報」になるはずです。

情報に価値を載せる。

価値ある情報、役立つ情報って、情報の受け手側のことを考えるところからはじまります。

ちょっとした「付加情報」で「ありがたい発信者」になることは可能ですよ。

 

【PR】7/30(火)名古屋「ヒミツの商品企画会議」

参加型の「企画会議」を名古屋で開催します。

講師や参加者とのディスカッションやワークを通じて、あなたの「新商品」「新サービス」を作り上げる企画会議です。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー