高速ブログ術!ブログに時間がかかりすぎるあなたに

9:42書き始め。

今日もウォーキングを終えてから、ブログを書いています。

「顔を洗う」ていどの、「朝飯と仕事をはじめる間の、ちょっとした用事」くらいのつもりでいるのが、続けるにはちょうどよいようですね。

さて、今日の記事のテーマは「高速ブログ術」です。

ブログの記事を一本書くのに1時間かかる、もっとすごい人は2時間かかる、という人もいるようです。

こういった方はまず「何のためにブログを書いているのか」という目的や狙いを、ちゃんと決めたほうがよいですね。

ワシもブログ1記事に時間をかける時と、時間がなくて早く書き上げる時があります。

つまり「時間がない時もそれなりに更新できる」というのが、ブログ運営上はいちばん有利ですね。

「早く記事を書き終える」ためにいちばん大事なこと。

それは「テーマとその結論」そして「何分で書き終えるか」を先に決めてから書くことです。

時間がかかってしまうのは「結果として」かかっている

「時間がかかってしまう」という人のお話しを聞いていると、「ようやく書き終えると、1時間経っている」という感覚の人が多いです。

つまり「結果として」1時間かかってしまった、ということなのです。

最初に「何分かかるかわからない状態」で書き始めているのです。

早く書き上げたい場合には「15分で書く」と最初に宣言してから書き始めることです。

そうすれば、文章もよぶんな回り道をせずに、結論に真っすぐ向かった書き方になります。

また、記事の「オチ」「結び」を探りながら書いていると、文章が迷走してしまい、書き直しが発生しやすいです。

なのでテーマとともに、そのオチ(結論、むすび)を決めてしまってから書きはじめることです。

このブログ記事も、15分以内で書き上げることを決めてから書き始めました。

さきほどウォーキングしている間に「テーマとオチ」を考えておいたわけです。

テーマは「高速ブログ術」、そして結論は「テーマとオチと書き上げるまでの時間を決めてから書き始めること」です。

こういった「早く書き上げたい記事」の場合は、この記事のように、できるだけ記事の最初の頃に「むすび」を書いてしまったほうがよいです。

つまり文章の最初に結論、途中で理由や経緯、そして最後にもういちど結論、という、ビジネス文章的な「型」があると、書きやすいわけですね。

テーマとオチと書き上げるまでの時間を決めてから書く。

一度試してみてくださいな。

「高速ブログ術セミナー」でもやろうかな(笑

9:51書き上げ完了

 

【PR】7/30(火)名古屋「ヒミツの商品企画会議」

参加型の「企画会議」を名古屋で開催します。

講師や参加者とのディスカッションやワークを通じて、あなたの「新商品」「新サービス」を作り上げる企画会議です。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー