「いま仕事がない」人ほど今日一日の見通しを。フリーランスの計画性アップ。

気温が低いのにセミが控えめに鳴くという、ヘンな天気です。

実は先日、このようなモノを見つけてしまったのですが、食べたことはナイショにしてあります笑。

さて、今日のテーマは「いま仕事がない人ほど、計画性を持ちましょう」という話題です。

仕事が入ってこないと、やることがない?

仕事がない時期って、ツラいですよね。

ワシも長いあいだ経験がありますから、よーくわかりますよ。

そんなときって、机やパソコンに長時間しがみついていた気がします。

仕事をしたような気になって、「がんばっているのに仕事がない」と自分を慰めていたような気がします。

だけど、そんなときにパソコンにしがみついて何をしていたのかというと、とくに目的がない調べものをしていたり、思い付きで自分のブログをカスタマイズしていただけでした。

「自分はがんばっている」と思いたいがための行動であって、仕事が得られるようになるための行動ではありませんでした。

街中に出て、ブラブラしていることもありました。

それじゃ仕事が入ってくるようにはならないよねぇ。

「仕事がない」と「やるべきことがない」は一致しない

いまお客さんがいない。依頼された仕事がない。

ということと

いま自分にはやるべきことはない。

ということは、一致しません。

お客さんがいない、仕事を依頼されていないのなら、お客さんを獲得できるようになるために、仕事を依頼されるようになるために、やるべきことはたくさんあるはずなのです。

だけどこんな時、多くの人が不思議な選択をします。

さらにスキルを積み上げるために、勉強を始めるのです。

勉強そのものを否定しているわけではありません。

だけど、勉強すれば仕事が入ってくるわけではありません。

「仕事がないから、もっと勉強する」という選択をする人の多くは「勉強すれば仕事が入ってくるようになる」ことを前提としていることが多いです。

仕事が入ってくるようにするためには、「仕事が入ってくるようになるためにやるべきこと」をやらなくてはいけない、ってことです。

仕事が入ってこない状態では、何をやるべきなのか

たとえば告知活動です。

自主開催セミナーを開こうと思ったら、告知も必要ですし、そのための準備が必要です。

テーマを決める、会議室を抑える、セミナー内容を作り込む、告知活動をする、支払方法を決める、申込窓口をつくる…。

たった2時間の自主開催セミナーを実施するにも、たくさんの「タスク」(やるべきこと)があります。

新しいサービスをつくって売り出す場合も同じです。たくさんのタスクがあります。

どこかに営業しに行くとしても、営業先リストを作ったり、営業資料を作るなど「やるべきこと」が発生します。

これらのタスクを実行する「段どり」、計画性が必要になってくるのです。

「仕事がないからと、日々を無益に過ごしている人」と、「今は仕事がないけど、仕事を得られるように活動している人」とでは、その先に差が出てきそうですよね。

いま仕事がない人ほど、自分で仕事を作らなくてはいけない

とよく言われていますね。

自分で仕事を作ろうと思ったら、ただパソコンや机にしがみついているだけではなくて「段どり」が必要だということです。

いま、仕事の依頼がない、お客さんがいないあなた。

売れるようになるために、いまから何をしますか?

それを実行するために、やらなくてはいけないことは、何と何がありますか?

それらをいつ、やりますか?

それがあなたの今の仕事です。

計画を立ててみましょう。

 

【あと1席】7/30(火)名古屋「ヒミツの商品企画会議」

参加型の「企画会議」を名古屋で開催します。

講師や参加者とのディスカッションやワークを通じて、あなたの「新商品」「新サービス」を作り上げる企画会議です。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー