低空飛行を続ける人のためのチェックポイント

少し涼しくなって、ふたたび扇風機の出番です。

と思って今日の天気予報を見たら、最高気温35度。

猛暑日やないかーい。

昼からはエアコン決定です。

さて、今日の話題「低空飛行を続ける人のためのチェックポイント」です。

才能や技術の高さは成果と関係がない?

おかしい。がんばっているはずなのに。

自分のスキルや技量は高いハズなのに。

「がんばりかたがわからない」という人と同じようにご相談者に多いのが

(気持ちは)がんばっているはずなのに。

という人です。

すでに開業して1年、2年と経っているけど、なかなか成果が出ない。売上が上がらない。

ブログを更新したり、メルマガ出したり、SNSで交流したり、交流会に出席したりもしている。

それをそのまま続けて、果たして展望は見えてくるでしょうか?

そのようにして、消えて行った人たちは、いったいどれくらいいることでしょう。

今見えるのは「残っている人たち」「まだ消えていない人たち」ばかりで「すでに消えてしまった人たち」は、いくら目を凝らしても見えてきません。

そんな低空飛行を1年以上続けている人のために、チェックしていただきたいポイントがあります。

今日の午後5時に無料メルマガでお伝えします。

このメルマガを読むためには、今日の17時までにメルマガ登録を済ませておいてくださいね。

 

1,000人の経営者に読まれているメールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業