もっともビジネスに役立つ情報が得られる「場」とは

先週末は、山形県の「若者創業者育成キャンプ」の最終日の講師を務めてきました~。

こちらは、山形県とYBC山形放送の共催による「山形県若者創業応援プロジェクト事業」の一部として開催されたもので、全3日間の日程でした。

第2日目と第3日目は、懇親会もありました。

セミナーが夜の開催だったので、遅い時間からの懇親会スタートだったにもかかわらず、多くのかたにご参加いただきました。

3日間お付き合いいただき、ありがとうございました!

さて、このセミナーに限らず、感じることがあるんです。

それは、同じセミナーに参加している人たちの中でも、より多くの役立つ情報を得られるている人と、そうでない人の違いがあるなぁ、ってことです。

これは、ワシがセミナー講師だから感じられることでもあります。

ワシ自身が受講者として参加するときには、もちろん「より多くの役立つ情報が得られるように」受講します。

たとえば、もしワシのセミナーを受講してみて、

「もっとこの人から情報を手に入れたい」

と思った場合、どうしますか?

ワシだったら、まずはワシの無料メルマガに登録します(笑

ほかに、どんな場面であれば「その人からのとっておきの情報」を得られると思いますか?

ご自身だったら「とっておきの情報」を、どんな時にどんな場でお話しするかを考えてみたら、わかるかと思うんです。

または「その人のためだけに」何かを伝えるとしたら、どんな場面でお伝えするかを考えてみたら、わかるかと思うんです。

もっともビジネスに役立つ情報が得られる「場」とは、どんな場なのか。

12月3日17:00に発行するメルマガでお伝えします。

 

小さなビジネスの売上を2倍にする無料メールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業