11万円の相談5件が1分で完売する個人事業

約11万円の「ご相談」の予約枠5件ぶんが、予約の受付けを開始して1分で売り切れる。

予約枠が5件なので、

5件×11万円=55万円

この売上が1分で。

いやいや、すごいです。

ワシの長らくのクライアントさん。

建築士で「間取り相談」を業務としている、坂口亜希子さんです。

5年以上の付き合いです

この数年で売り上げは倍以上に

ご相談当初はいまの半分も売上がなかった上に、その売上げでさえ不安定だった坂口さん。

そんな坂口さんですが、ワシとの二人三脚のコンサルをスタートして以来、ここしばらくはリアル「うれしい悲鳴」を上げていました。

2年以上にわたって、申し込みが多すぎて、大変だったのです。

徐々に価格設定を上げて、最近はサービス単価が10万円前後になっても、ご依頼が減りません。

これまで予約をメールで受け付けていたため、どうしても「予約枠をオーバーしても予約申し込みが入ってしまう」という状況が続いていたそうです。

原則として「売り切れ後の申込は断ればよい」のですが、ほんの数分違いで入った予約申し込みをお断りするのもしのびない。

売上は増えるのですが、それはそれで業務が増えすぎてしんどい。

毎月平均して5.5件の一般向けの「間取り相談」に加え、地元工務店さんからの年間10件程度の依頼案件もこなしているからです。

予約の受付けを「ショッピングカート」で代用

そこで今回導入したのが、無料のショッピングカートの仕組みを使って、「予約を有料にする」という策です。

もっとも狙った効果は「予定しておいた枠を超えた予約が入らないこと」です。

無料のショッピングカートSTORESを使って「商品点数」をあらかじめ設定しておけば、商品が売り切れた時点でSOLD OUTとなり、以降のお客さんは買うことができなくなります。

そして、「予約料」として5,000円をいただくようにしました。

これは、「安易な予約によるキャンセル」を防ぐ効果を期待していますが、これまでにも「安易なキャンセル」は一件もなかったそうです。
(この点も、信頼感が抜群です)

予約料の5,000円は、あとで相談料と相殺されるので「予約のためだけにお金をいただく」という形を採っていない点もポイントです。

これによって現在の超過予約による「過負荷」が避けられるようになったわけです。

予約の受付け開始後1分で、9~11万円のご相談の予約が5件売り切れ!

そして、告知期間を経て、この「予約受付開始」をしたところ、用意しておいた5枠の予約枠は1分で売り切れ。

おひとり「フライイング」がいるのが興味深い笑

残念ながら、「買い逃した」人もいそうですが、限りのある時間を使って提供しているサービスのため、これはこれでやむをえない点もあります。

その代り、「次回の予約受付開始日時」は、しっかりと告知してあります。

さて、ここまでで、ビジネス上で役立つ「問題解決のプロセス」が含まれていることに、気が付きましたか?

小さな改善に「問題解決プロセス」がある

ここまで「問題をどのように解消したか」というお話しをしましたが、まとめると、

  1. 用意した予約枠を超えて予約が入ってしまう状況をなんとかしたい。機械的に断りにくい。
  2. ショッピングカートの仕組みを利用できるのではないか?
  3. 実践、検証

ということですね。

これはそのまま、次のように当てはめることができます。

  1. 問題の認識。何が困るのか。解決しなくてはいけない問題なのか。
  2. 課題の設定。どうなればよいのか。
  3. 代替案の検索と検討。どのような対策がありえるか?
  4. 仮説検証。こうすれば解決できるのではないか?

このステップに沿って、問題解決を考えています。

実際には、何か仕事上で困ったことになった時「問題の認識」だけでストップしている人が多いです。

しかも、その原因が「自分の手ではどうにもならないこと」に起因していると考えるため、何も打つ手はありません。

「あの人が悪い、お客さんが悪い、業界が悪い」といった「問題認識」ですね。

結果として「愚痴を言う、文句を言う」という行動に表れるわけです。

今回は「ショッピングカートで有料予約制度の導入」によって、いまのところ問題は解消したように見えます。

まずはこれはこれで、「めでたしめでたし」なのですが、必ずと言っていいほど、次の問題が現れてきます。

経営とは、この繰り返しなんですね。

そんな「予約が入りすぎる間取り相談サービス」の坂口さんのブログはこちらです。
(現在、独自サイトの構築中です)

フォローしてね!

フリーランス、個人事業者向け経営相談会

個人ビジネスのお悩み解消のための、一回限りのコンサルティング。人数限定。