ビジネスを構築する上で必要なリーダーシップの条件

あるかたの発信で見かけたことから、久しぶりに引っ張り出して読みました。

日本マクドナルド創業者、藤田田(ふじた・でん)氏の著作です。

故人ですが、孫正義氏、柳井正氏が師と仰ぐ、伝説的な経営者ですね。

この本が書かれたのは、1990年代、バブル崩壊後の「失われた十年」の最初の頃で「価格崩壊」が起きつつある時代です。

書かれている内容としてはかなりアクがつよく、「やんちゃ」で、今であれば問題視されそうな表現も含まれています。

この本を読んでて思ったのは、本家のマクドナルドの実質的な創業者、レイ・クロック氏です。

彼も、そうとうアクの強い人物だったようで、その様子は映画「ファウンダー」で見ることもできます。
(アマゾンプライムで視聴可能)

その他にも思い浮かんだのは、「アクの強い」経営者ばかりでした。

人を巻き込むのに必要なリーダーシップとは

たとえ個人で仕事をしている場合であっても「人を巻き込む力」ってのは大事です。

人を巻き込み、巻き込んだ人たちを引っ張っていく必要があるわけであ、これはまさにリーダーシップですね。

「リーダーシップがない」ってことはつまり「人に率いられる立場」であり、独立したビジネスを構築するのは難しいとも言えます。

チームを率いる経営者であれば、なおのことです。

ビジネスを構築する上で必要なリーダーシップの条件とは何か。

「アクが強い必要」ってあるのか。

そんな話題を、明日の朝8:00に配信予定のメルマガでお届けします。

 

フォローしてね!

ひとりで起業するなら起業アイデア=ビジネスモデルが大事

「今から起業したいけど、どんなビジネスにしたらよいのか?」
「すでに起業したけど、なぜこんなにもうまくいかないのか?」
ひとりで起業するのなら、どんな起業アイデアを選ぶのかという「ビジネスモデルの選択」が大事です。
ひとりで起業するときの「ビジネスモデル選び」について詳しく解説しています。