やってみてはじめてわかること

昨日は、楽しみにしていたスモールビジネス勉強会「ワシ勉」お試し開催を実施してきました。

テーマは「ヒミツの商品企画会議」。

ワチャワチャ感がよく出ていると思います!笑

1時間のセミナーと、3時間の会議、計4時間という内容です。

セミナーと違って、講師が100%コントロールできるわけではない「会議」という形式です。

ひとりひとりが自分の商品やサービスについて「現在抱えている問題や課題」を発表し、それについてほかのメンバーと一緒になってアイデアを出し合う、意見を述べ合う場です。

おおむね、期待していた通りの内容になりました。

そして、ワシ自身も多くのフィードバックを得て帰ってきました。

そう、ワシ自身もこの「ワシ勉」の問題や課題について、みなさんの意見をお尋ねしてきたのです。

また、みなさんの参加している動機や、「この場に求めていること」を観察することによって、自分の次のサービスに活かすことができます。

思いついてから行動までのタイムラグを極端に短く!

この「ワシ勉」の母体となったのが、スモールビジネス経営塾「ワシ塾」でした。

こちらは、全6回で「ビジネスの初歩」をかなり体系的に学ぶ場です。

ワシ塾

このワシ塾を開講するまでには、アイデアが浮かんでから実行までに、ずいぶんと時間をかけてしまいました。

人間、悩もうと思えば、1年や2年くらい、楽勝で悩めるものです。

じゃ、それだけの長時間悩んだぶん「よいもの」ができたかというと、「見切り発車」した場合とさほど変わらなかったのではないかと思います。

結局スタートできたのは

このままじゃいつまで経っても始められない。あとは「エイヤー!」だ

という「思い切り」がきっかけでした。

つまり「熟慮」はスタートするきっかけにはならず、最終的に動き出すきっかけになるのは「思い切り」ということです。

「ワシ塾」でそのことがよくわかったので、今回の「ワシ勉」は、思いついてからリリース(募集開始)まで数日で行うことができました。

1ヶ月熟慮するよりも、1日の行動のほうが、はるかに得られるものが大きい。

今回の「ワシ勉」を開催して、改めて実感しました。

「案ずるより産むが易し」などと、昔から言われていることなのに、人はなかなかできないものなのですね。

今できる範囲内でスタートする

なかなかスタートできない理由の一つが「理想的な形でスタートしようとするから」です。

たとえば、全国規模の仕事を立ち上げたいと思ったとき、まず全国にネットワークを築いてからスタートしようとする。

立派なウェブサイトを作ってからスタートしようとする。

パンフレットやカタログを用意しようとする。

お店を持とうとする。

それよりも「今できることからスタートする」ほうが、「早く」スタートできます。

スピードよりスタート。

足が速い人よりも先に行くには、足が速い人よりも早くスタートをすることです。

スモールビジネス勉強会「ワシ勉」スタートします!

昨日は「ワシ勉」の名古屋開催でした。

8月8日には、オンラインでの「おためし開催」も予定しています。

今後、スモールビジネス勉強会「ワシ勉」は、月に一度のペースで、オンラインを中心に活動していく予定です。

オンラインでセミナービデオを視聴できるほか、月に一度のオンライン会議、そしてご都合の合う方は名古屋でのセミナービデオ収録にもご参加いただけます。

いま、仕組みを構築しているところです。

数日以内に発表できると思いますので、もうしばらくお待ちくださいね。

自分でこのような記事を書いた以上、ウジウジしていられませんから!(笑

「ワシ勉」の概要については、こちらからご覧いただくことができます。

また、「ワシ勉」がスタートした折には、このブログをはじめ、メルマガやFacebookなど、ワシが持っているあらゆるメディアでお知らせ予定です。

8月8日の「オンラインお試し開催」にご参加ご希望の方は、こちらからお申し込みいただけます!

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー