メニュー名、サービス名で売れ行きが変わる。

「夏ならでは」の商品もいろいろとあって、これもそのひとつ。

ウォーキングした後にシャワーを浴びることができればベストなのですが、それができない時はコレ。

いわゆる「デオドラントペーパー」なのですが「シャワーペーパー」というネーミングがいいなぁと思うんですよね。

「シャワー代わりになる」というコンセプトが明確ですね。

ワシのように、汗をかいた後にシャワーを浴びることができない人にアピールできる商品名ですね。

サービスのネーミング、適当につけていませんか?

たとえばマッサージ店の

「30分コース」「60分コース」「90分コース」

といったサービスコースのネーミング。

これだけを見ると、それぞれのコースの違いは「時間だけ」ってことになりますよね。

だけど、実際これらのコースの違いって、時間だけなんでしょうか?

もしこの疑問を店頭でぶつけてみたら

「そうです。違いは時間だけです」

という応えにはならないと思うんですよね。

だとしたらその「違い」をコース名に盛り込んだほうがよくないでしょうか。

どうも、サービス名、メニュー名のつけかたが適当すぎるひとが、多いように思うんですよねぇ。

逆に「凝りすぎてて何だかよくわからないサービス名」もよく見かけます。

ネーミングは「商品企画コンセプト」そのもの

実際、サービスメニューの名前を変えただけで売れるようになったり、客単価が上がった例がたくさんあります。

先日開催した「商品企画会議」では、そういった事例のお話しや「考え方」についてもお伝えしました。

そこで、今日の17:00にお送りするメルマガでは

スモールビジネスのサービス名のネーミング

についてお伝えします。

このメルマガを読みたい方は、今日の17:00(午後5時)までにメルマガ登録をしておいてくださいね。

 

 

間もなく「ワシ勉」会員募集を開始します

「お試し開催」などでワーワー騒いでおりました、定期的に開催するスモールビジネス勉強会「ワシ勉」。

ようやく準備が整って参りましたので、間もなく会員の受付け開始ができるメドが立ってきました。

来週中には募集開始できると思いますので、ワシのメルマガ/ブログ/SNSをお見逃しなくね!

継続して参加できるスモールビジネス勉強会「ワシ勉」の詳しくは、こちらからご覧いただけます!

1,000人の経営者に読まれているメールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業