あなたの発信はナゼ支持されないのか

いま、日本は「非常事態ムード」ですね。

まだパニック状態には陥っていないと信じたいですが、「何が正しい情報なのか」がわからず、アタフタしている人が多いように感じます。

もちろん、ワシも正しい情報がわかるわけではありません。

だけど「いまの自分には何ができるのか」を考えて、発信しているつもりです。

イザというとき急に発信をはじめても誰も見てくれない

こういった緊急時に「だれかの役に立てば」と思って発信しても、「もともとの発信力や影響力がない人」は、なかなか大事な情報を必要な人に届けることができません。

せっかくの「役に立てば」という気持ちも、発信力の無さの前には、無力なのです。

ここでも、「ふだんから発信しているか」「信用できる発信元として認知されているか」ということがポイントになります。

緊急時だからといって、これらの発信力や影響力を、すぐさま構築することは難しいんですね。

「自分にとって必要な時だけに発信すること」自体が、そもそも自分目線

あなたの周囲にも、こんな人はいませんか?

「やらなきゃな」と思い立ったときに発信をはじめてして、数ヶ月で挫折。
何年か経って、また同じことを繰り返す。

こういった人を見ていると

「自分のビジネスが苦しくなってきた時だけ

「キャンペーンを開催している時だけ

発信しているのが目立ちます。

つまり「発信そのものが、自分側の都合によるもの」であることが明らかなのです。

もちろん、ビジネスが目的で発信をするのですから、最終的な自分のメリットは大事です。

でも、そんなことくらいは、賢いお客さんはわかっているのです。

「この人はふだんからお客さんのためになることを考えて行動している」と認められた人が、イザ「協力してください」とお願いしたときに、協力してもらえるのです。

「自分都合」だから、続かない

実は

続かないから見てもらえない。
見てもらえないから続かない。

という悪循環は、ひとえに「自分側の都合で発信しているから」という一点にかかっています。

「自分側の都合で発信しているから、いつやめてもよい」のです。

「誰かのために大事な情報を届けているのだ」という使命感に燃えていれば、気が向かなくなっただけで、やめるわけにはいかないでしょう?

すぐやめてしまったり、気まぐれに再開したりということを続けているだけで

「この人は自分のためだけに発信しているんだな」

ってことが、お客さんに伝わってしまう、ってことです。

「聴いてほしい話があるときだけ連絡してくるヤツ」が好かれるわけ、ないでしょう?

当たり前のことなのに、なぜ発信だと、これをやってしまうの?

ハッキリ言って、お客さんや読者さんのこと、舐めているからなんじゃないですか?

その点を、見透かされているのかもしれませんね。

ずいぶん厳しいことを書いているかと思いますが、ホントのことだと思います。

「ホントに誰かにとって大事なことだ」って主張するのなら、信じてもらえるまで続けなよ。

 

近日開催予定のイベント

スケジュールが開いた今こそ事業計画を立て直そう「はじめての事業計画書セミナー」
【あと3席】4月21日(火)東京
「年収500万を狙うフリーランスのワシカフェ&グループ相談会(コンサル)」
「個人年収500万を目指す」オンライン相談会/dt>

1,000人の経営者に読まれているメールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業