売れなかったブログ記事を売れるように生まれ変わらせる【戦略的リライト】

今回のブログ記事も、気合入れて書いたつもりだったのに、売れなかった。

あ~、なんど書いても売れない記事ばかり量産して、そろそろネタ切れだぁ。

今日は何を書こうかなぁ。

そんなふうに考えているあなたに、たずねたいことがあります。

「どうしてあの記事では売れなかったのか」
「何が問題なのか」

を考えずに、次のブログ記事をまた書いたとして、「そのうち」売れるようになるでしょうか?

もし「書きかた」の問題で売れなかっただけなのだとしたら、問題の「書きかた」を改善するだけで、売れるようになるのではありませんか?

分析せずに次のことにとりかかっても、「空振り」を量産する

ヒットが打てない野球選手だと思ってください。

ガックシ…。
今日もヒットが打てなかった…。

よーし、明日こそは、気合を入れて、ヒットを打つために、がんばるぞ!

この選手は、次のバッターボックスでも、打てそうにありませんよね。

「なぜ打てなかったのか」が分析されていないからです。

何度もバッターボックスに立てば打てるようになる、というものでもありませんよね。

ブログ記事も同じです。

「なぜあの記事では売れなかったのか」を分析せずに、

気合を入れてなんども書き続ければ、そのうち売れるようになる。

そう思っているのだとしたら、先ほどの野球選手と変わりがありませんよね。

話題を変えずに「書きかた」を変える、戦略的リライト

「あんなにもいい話題で誰も食いつかないのはおかしい」

そう思うのであれば、話題をそのままにして、「書きかた」だけを修正する「戦略的リライト」を試してみてください。

タイトルを変えてみる

ただ「読んでもらえないから売れなかっただけ」ということであれば、記事タイトルを変えるだけでも売れる可能性は高まります。

  • 呼びかけてみる。(例:こんなことに困っていませんか?)
  • 対象になる人の属性をタイトルに入れてみる。(例:教室の先生のあなたへ)
  • 総合的な内容が書いていあることを知らせる(例:6つの秘密/5つの法則/7つのルール)

「記事タイトルを変えてリライトしただけで売れた」という例は、たくさんあります。

内容以前に、読んでもらわなければ話にならないわけですからね。

内容を大胆に削る

「買ってもらうために必要な情報」以外に、よけいな記述が多すぎる可能性があります。

  • 「ちなみに」という情報を削る。
  • 「脱線した話題」を削る。
  • 長いエピソードや「たとえ」を短くする、なくす。
  • 「正確性」を重視した専門的な記述を削る。

「とってほしい行動」を具体的に示す

「売りたい文章」なのに、文章のしめくくりで読者のかたに「買うという行動」を促していない記事をよく見かけます。

商品へのリンクが貼ってあるから、興味があれば買うだろう。

と考えるのは、ショップの店員さんが

商品をお店に置いておけば、お客さんは気に入れば買うだろう。

と考えることを同じです。

  • クリックできることがわかりやすい文字やボタン。
  • クリックした先に何があるのかの表記。
  • 手に入れるためにはどうすればいいのかという具体的な説明。

これらを変えるだけで

ひとつも売れなかったブログ記事が、なんどアップしても売れる記事に変わった

というケースがあります。

まとめ:売れないのは、どこかがおかしいからだと考える

多くの人は

売れないのは、自分のがんばりが足りないからだ

と考えます。

もちろん、そういったケースもあるでしょうが、そこで

はたしてこれを「がんばって」100回くりかえしたとしたら、売れるようになるのか。儲かるようになるのか。

と考えてみてください。

「どこを修正すればいいのか」

というヒントが見えてくるかもしれませんよ。

がんばっているのに、どうして儲からないの?

そう感じたら、チェックしてほしいことがいくつかあります。

大事なのは「儲かるビジネスモデルになっているのか?」ということです。

詳しくはこちらに書いておきましたので、ぜひ読んでご自身のビジネスをチェックしておいてください。

フォローしてね!

【お知らせ】スモールビジネス向けオンライン勉強会、会員募集中

オンラインで参加できる個人ビジネス勉強会「ワシ勉」。
オンラインなのでどこからでも参加できます。
動画セミナーなのでいつでも勉強できます。