1本の記事でメルマガ登録20人ふやす文章とは

落書きではありませんよ。

打ち合わせの中で出てきた、商品開発のアイデアスケッチです。

何の商品かがわかるのは、この打ち合わせに出席した人だけですね(笑


さて、ワシはよく「メルマガ登録をうながす記事」を書いています。

このブログ記事もそうです。

この「メルマガ登録をうながす記事」によって、毎回8~12人、多いときには20人~40人程度のメルマガ登録があります。

同じように、フェイスブックで、人のセミナーを紹介したり、本を紹介したりすることがあります。

もちろんセミナーや本によって異なりますが、セミナーならば1人~3人のお申込者、本であれば多いときには1本の記事で20冊くらい売れるときもあります。

いま、メルマガ読者をひとり獲得するための平均単価は、1,000円から3,000円と言われています。

ブログを1記事書いただけでメルマガ読者が20人増えたとすると、単純に6万円分の広告費が浮いたことになります。

つまり、1本のブログ記事が、6万円分の価値を持っている、ということです。

別に難しいことはしていません。

ただ、気をつけていることがあるだけです。

賢い人は、ワシのこの文章からその「やりかた」を読み取って、再現しています。

マネさせていただいたら、LINE@の登録者数がいつもの数倍に増えました!

とわざわざお礼をくださったかたもいらっしゃいます。

何に気をつけていると思いますか?

ふだん、どんなことをして、その「メルマガ登録を促す練習」をしていると思いますか?

1本の記事の価値を高めるためにワシが心がけていることを、今日の17:00のメルマガでお伝えします。

メルマガの内容が気になる方はこちらから!

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

ひとりで経営している人に役立つ無料メルマガ配信中

フリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。