50代起業で失敗しない「強みの活かしかたと注意点」

50代で起業することにしました。
失敗しないためにはどんな点に気をつけたらよいでしょう。

いま、50代で起業する人が増えています。

  • 勤めていた会社の経営上の理由や、早期退職などによって会社を辞めた人。
  • 健康上の事情や家族の事情などで会社への勤務が難しくなった人。
  • 子育てがひと段落した女性。

とくに、50代ではじめて起業する人にとっては、期待と不安が入り混じる、複雑な心境ですね。

この記事を書いているワシも同じ50代男性としての立場から「50代の起業」についてお伝えします。
この記事の信頼性
  • スモールビジネス専門のコンサルタント
  • 自治体や商工会議所での創業セミナー/経営相談員
  • 起業家、個人事業主、中小企業の相談件数が220件以上
  • 1年で売上を2倍にするなど成果実績

スモールビジネスコンサルタント 高橋浩士(ワシ先生)


1965年生まれの50代。個人事業から最大スタッフ10人程度までのスモールビジネス専門のコンサルタントです。
自治体(県や市)、商工会議所などで創業相談、経営相談やセミナー講師も務めています。
50代で起業する人からのご相談が、約半数を占めます。

50代起業が増えている日本の現状

いまの日本では、「50代の起業」は、決して珍しくありません。

いま全国の商工会議所で開催される「創業セミナー」の参加者のうち、50代の参加者が増えています。

少し古いデータではありますが、2012年の統計では「あらたに創業、起業する人」の平均年齢は

男性で49.7歳
女性で44.7歳

という報告があります(経済産業省「中小企業白書2017」)

起業する人の平均年齢は年々、上昇していますから、おそらく男性の「起業する時の平均年齢」は、2021年現在では50歳を超えていると予想できます。

50代での起業は、もはや「珍しくない」どころではなく、「ふつうのこと」になっているのです。

同じ資料、経済産業省「中小企業白書2017」では、50代起業の特徴として、次のようなまとめがあります。

(50代の起業家は)急激な成長よりも、安定を求めた起業を目指している人が多い

つまり50代起業家は、手堅い起業を目指している人が多い、ってことです。

50代起業だからこそのメリットを活かす

なんといっても、中高年による起業のメリットは「豊富な経験を活用できる点」です。

それまで時間をかけて培ってきた「知識、技術、スキル」を活用して起業できる点ですね。

たとえば

「工場で20年培ってきた技術を指導するサービス」

といえば、それだけで信頼感が高まりますよね。

逆に、意外と多いのが

「工場で20年務めてきた人が退職して居酒屋さんをはじめる」

といったケースです。

この場合、ゼロからはじめるわけですから、若い起業家と比べたときのアドバンテージがありません。

50代起業では「これまで培ってきたこと」を活かせたほうが、うまく行く可能性は高まりますね。

失敗しないための50代起業の注意点

一方で、50代からの起業での注意点もいくつかお伝えしておきます。

注意点としては「心身」として、健康面と、心理面のふたつを上げておきます。

50代起業の注意点1:体力/健康の維持

若いときと違ってムリが効きません。

そのため「ムリを前提とした事業」は、最終的に「カラダをこわして廃業」という、残念な結果を招きやすくなります。

長年デスクワークをしてきた人が、50代になって野外での立ち仕事や動き回る仕事で起業という場合は、そうとうな覚悟が必要です。

「がんばれば何とかなる」わけではありません。

多少のムリが必要なときはありますが、カラダをこわしてしまっては、意味がありませんね。

体力に自信がある人ほど、要注意です。

50代起業の注意点2:時代への柔軟な対応

歳を重ねると、「人の言うことを聞かない」傾向が強くなります(とくに男性)。

事例だとか理論を紹介して「うまく行く方法」についてお伝えしても

自分はそうは思わない

と、聞き入れてくれない人がいるのです。

これは、経験や知識が豊富なことによる、マイナスの効果だと言えます。

「私の経験に照らし合わせれば、それはちがう」という判断をしてしまいがちなのです。

「どちらが正しいか」という問題ではありません。

知識や経験のアップデートができないことが問題なのです。

「そういう側面もあるか」と柔軟に取り入れられないと、時代や常識などの「事業環境」が変化したときに、取り残されてしまう危険があります。

中高年の経営者の「動き」が遅いのは、体力的なことよりもむしろ「判断の遅れ」であることが大きいです。

50代起業の注意点3:さまざまな世代の人との人的ネットワーク

50代で起業する人には、自分の同世代以外の人との人的ネットワークを作ることをオススメします。

あたらしい時代の考え方や時代の空気に触れ続けるためです。

同世代の人と一緒にいると、話題も通じるし、居心地のよいものです。

でもその「ぬるま湯状態」が、起業する立場の人にとっては危険なのです。

起業する人は「時代の空気」を感じ取らなくてはいけません。

いまの時代の人たちは、何をどうとらえているのか

を掴むためにも、50代起業家は自分とは異なる世代、性別の人たちとも積極的に交わっていくことをオススメします。

SNSは、自分と異なる世代の人たちとつながることができるので、ぜひ活用したいところです。

まとめ「50代起業」が当たり前の時代の起業

健康面については、自覚もできるので、注意する人が多いと思います。

なので気をつけたいのは「心理的な側面」です。

自分より若い世代の人たちに混じっても、威張ることなく楽しく過ごせる人は起業に向いていると思います。

ワシが主催している、ひとりビジネスのオンライン勉強会「ワシ勉」も、中心メンバーは、40~50代です。

いまの時代は「自分ももう50代だから」なんて言う年齢じゃありませんよ。

今までになかった「新しい学び」にあふれています。

50代からの起業は、楽しいですよ。

ワシが週3ペースでお送りしている無料メルマガでは「小さなビジネスに役立つ情報」をお届けしています。

まずはこの無料メルマガから、勉強をはじめてみてはいかがですか。

小さなビジネスの売上を2倍にするメルマガ「ワシメル」

【無料】小さなビジネスの売上を2倍にするメールマガジン

  • 「小さなビジネスだから体力勝負」はキツイ
  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • 地元産業や業界の古いやりかたから抜け出したい
  • 少人数なのに大きな売上を上げている人がどんなやり方をしているのか知りたい
そんなフリーランスや個人事業、「事業をやりなおしたい人」を中心に880人の方から支持を頂いているメルマガです。
週3回のペースで配信中です。

組織を大きくすることなく「小さなビジネス」のままで売上を増やしたいのなら「読む価値」があります。