ブログ集客からマネタイズするための導線設計

ブログ集客していても、なかなかマネタイズできません。
アクセスは増えても、買ってくれる人がなかなか現れません。なぜでしょう?

ブログ集客でマネタイズする際に大事な点は、流れ(導線)を意識することです。

この記事でわかること
  • ブログで集客からマネタイズするためには導線設計が大切な理由
  • マネタイズするための導線のパターン
この記事の信頼性
  • スモールビジネス専門のコンサルタント
  • 自治体や商工会議所での創業セミナー/経営相談員
  • 起業家、個人事業、中小企業の相談件数が220件以上
  • 1年で売上を2倍にするなど成果実績

スモールビジネスコンサルタント 高橋浩士(ワシ先生)


個人事業から最大スタッフ10人程度までのスモールビジネス専門のコンサルタントです。
自治体(県や市)、商工会議所などの経営相談員やセミナー講師の委託も受けていますので、あるていど安心していただけるかと思います。

ブログ集客でマネタイズするために導線が大事な理由

ブログで集客してマネタイズしたいだけなのに、わざわざ導線を作らなきゃいけないんでしょうか?

たとえば

みなさんのお悩みを解決する、いい情報がありますよ~

とお客さんだけ集めておいて(集客)

集まってきた人にたいして何もアピールしなければ、

ただ「ブログ集客しただけ」ってことになります。

それだけではもちろんマネタイズはできませんよね。

ブログ集客はゴールではありません。集まってくださったお客さんに対して

興味を持ってくださってありがとうございます!実はこの商品はですね。。。

と次のステップに移る必要があるわけですね。

そして、商品に興味を持ってくださった人が現れたら、こんどは「購入の案内」という、さらに次のステップに移ります。

ブログ集客によって集まってくださった人たちが買ってくれてはじめてマネタイズは完了するのです。

この流れ、道すじが、導線です。

ブログ集客だけしてマネタイズしないの?

多くの人は、最初の集客に一所懸命で、集まってくださった人、興味を持ってくださった人へのアピールが薄いです。

せっかく集まってきてくれた人たちを「ほったらかし」にしている、ってことです。

そうなってしまう理由は、アピールする場やツールを使い分けていないからです。

集客はブログのみ、SNSのみ、という人は、けっこたくさんいます。

もちろん、それでビジネスが回っているのであれば問題はありませんよ。

問題があるのは、次のようなパターンです。

  • SNSで友達もいいねもたくさんあるけど、売れない
  • 固定読者がついているけど売れない
  • ブログのアクセスは多いけど、売れない

これはまさに「声をからして人を集めているだけ」であって、そのつぎのステップがないのですね。

ブログ集客したら、マネタイズするために次のステップを作る

大切なのは「集めたら、次のステップを作ること」ことです。

では、そのつぎのステップって、どのように作ればよいのでしょう。

次のステップは、あなたが扱っている商品がどのようなものかによって、異なります。

ブログ集客したらその場でマネタイズするパターン

たとえば、緊急性の高い商品や、衝動的に買いやすい商品は、同じブログやホームページ内に次のステップを作ることができます。

水道修理などは緊急性が高いですね。

数千円程度の健康器具であれば衝動買いしやすいです。

スマホのカバーや予備バッテリー、Tシャツなどのカジュアルウエアも同じです。

「その場で」買いやすいので、集客した直後に
「気になる人はこちら」
というようなリンクで購入ページに飛ばしたり、集客したページに購入ボタンをつけてしまっても、売れる可能性は高いです。

ブログ集客とマネタイズの間に「検討する」時間が必要なパターン

やや難易度があがるのが、次のような商品です。

  • 買うまでに時間をかけて比較検討する。
  • 買うまでにお金をためたり計画する。
  • いつか買おうと思う。
  • 高額で気軽には買えない。

つまり、あなたのサービスを知ってから買うまでに時間差がある場合ですね。

たとえば、数万円以上の高額な商品、継続性のある商品(サロンなどのサブスクリプション)です。

比較検討されるとは、どういうことか考えてみましょう。

あなたは初心者向けのパソコン講座を扱っているとします。

お客さんはたまたまあなたの商品を見つけたとしても

もっといい講座があるかもしれない

と考えて、一旦保留にします。

そして、ほかのもっといい講座を探しにいきます。

ほかにいい講座が見つかれば、お客さんはそちらに行ってしまうでしょう。

やっぱりあなたの講座のほうがよかった、と感じた場合、お客さんは戻ってきてくれるかもしれません。

だけど、ここで気をつけなくては行けないのは次の二つです。

  • お客さんが戻ってくるかどうかは、お客さんが覚えているかどうかによる
  • 時間が経つと、だんだん最初に感じた「ほしいという熱望」が冷えてくる

このふたつは、強敵です。

あなたも、最初に見つけたときには欲しいと思ったものが、時間が経つにつれてだんだん熱が冷めて行き、そのうち

まぁ買わなくてもイイか

と感じたことはありませんか。

これをふせぐには

  • 欲しいと思った瞬間に買ってもらう
  • 買うチャンスが来るまで忘れずに「欲しい」と思い続けてもらう

しかありません。

でも、高額だと「すぐに買ってもらう」のは難しそうです。

ブログ集客からマネタイズまでの間をつなぐツール

「その場で買わない」お客さんに対して有効な方法は、

「お客さんが買うまでの間、お客さんに情報を提供し続けること」

です。

目的は

  • あなたの存在が忘れられないようにすること。
  • 欲しいという情熱が冷めないようにすること。

です。

この「定期的なお客さんとの接触」にもっとも最適なのがメルマガです。

お客さん層によっては、LINE公式が有効な場合もあります。

次に、ブログとメルマガを連携させた「ブログ集客からマネタイズまでの導線」について見てみます。

ブログ集客からマネタイズまでの導線

導線に正解があるわけではありませんし、人によって得意なツールもあります。

最もシンプルで「誰でも取り組みやすい仕組み」として、以下のような導線でビジネスをしている人が多いので、紹介しておきます。

ブログSEOで集客しようと思うと、ブログの集客力を高めるために時間がかかります。

集中して取り組んだとしても、最低でも4ヶ月くらいはかかります。

そこで、ブログSEOの代わりにSNS広告を使う人も多いですね。

ただ、ブログSEOを利用した場合でも、SNS広告を利用した場合でも、その目的は「メルマガに登録してもらうこと」というケースが多いです。

今から取り組み始めるのであれば

  • スピードを求めるのであれば SNS広告 → メルマガ
  • 基礎的な底力をつけるのであれば ブログ → メルマガ

という選択でしょうかね。

まとめ:ブログ集客からマネタイズするためのポイント


「集客」は、見込み客さえ集めることができれば、得意な方法でOKです。

ポイントは

  • 集めるための方法
  • 定期的に、接触を続ける方法

の二つがあれば、その手段は何だってよい、ということです。

その中でも取り組みやすいものとしては

集めるための手段

ブログSEO、SNS、SNS広告

定期的に接触する手段

メルマガ、LINE公式

といったところでしょうか。

自分が使いやすいもので挑戦してくださいね。

おまけ:「売るためのメルマガ」のオンラインセミナーを開催します

2021年の6月に

本気でやりなおす「買ってもらえるメルマガ」セミナー

をオンライン開催します。

今からメルマガに取り組んでみようかなという人
やってみたけど成果が上がらなくてやめてしまった人

にゼヒ聞いてほしいセミナーです。

忘れないうちに、こちらから詳細をご覧いただけます。

本気でやりなおす「買ってもらえるメルマガ」セミナー

【無料】小さなビジネスの売上を2倍にするメールマガジン

  • 「小さなビジネスだから体力勝負」はキツイ
  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • 地元産業や業界の古いやりかたから抜け出したい
  • 少人数なのに大きな売上を上げている人がどんなやり方をしているのか知りたい
そんなフリーランスや個人事業、「事業をやりなおしたい人」を中心に880人の方から支持を頂いているメルマガです。
週3回のペースで配信中です。

組織を大きくすることなく「小さなビジネス」のままで売上を増やしたいのなら「読む価値」があります。