ひとり起業のビジネスモデル。スキルや知識をどうやってお金に換えるのか

少ない資金を元手にひとりで起業するのなら、「どうやってお金を稼ぐのか」というビジネスモデルが大事だと思います。
ひとり起業の場合、ビジネスモデルはどのように作ればいいのでしょうか。

ビジネスモデルとは、「どのようにしてお金(収益)を生み出すのか」という、ビジネスそのものを成り立たせる仕組みのことです。

個人事業やフリーランスで起業する場合「どのようなビジネスモデルを選択するか」が、「儲かりやすさ」に大きく影響します。

この記事では「ひとり起業の人はどのようなビジネスモデルが適しているのか」についてお伝えします。

この記事でわかること
  • 大変なのに儲かりにくいビジネスモデルとは
  • スモールビジネスに向いたビジネスモデルとは
  • ビジネスモデルを決定づける要素とは
この記事の信頼性

個人事業から最大スタッフ10人程度までのスモールビジネス専門のコンサルタントです。
自治体(県や市)、商工会議所などの経営相談員やセミナー講師の委託も受けていますので、あるていど安心していただけるかと思います。

起業や個人事業のご相談に乗っていると、いろんなパターンが見えてきます。

そのひとつ、とても大事な要素として

仕事の大変さと、リスクと、どれだけ大きなお金になるかという「伸び代」の関係

があります。

これは「最初にどんな選択をするか」つまり「どのようなビジネスをするのか」によって、ある程度決まります。

大変なのに、うまくいっても大した儲けにならないビジネスを選んでいませんか?

仕事によっては

大変で、失敗したときに大きな借金を抱える危険性があるにもかかわらず、うまくいったときにも大して儲けにならない。

という「わりの悪いビジネス」もあるわけです。

ということは一方で

大変さは比較的少なく、失敗したときに大した痛手もなく、うまくいったときにも大きく伸びる可能性がある。

というビジネスもある、ってことです。

ココで間違えていただきたくないのは「大変さ」の意味です。

ビジネスを立ち上げて回していく以上、大変であることは変わりがありません。

「サクッと〇〇円」
「寝ているだけで月商〇万」

なんてことをワシは言いません。

大事なのは「仕事が伸びていくことよって、大変さがどれだけ増えるのか」なのです。

「わりの悪いビジネス」を選ぶと、「自分の大変さ」がすぐに限界に達してしまい、それ以上の「伸び代」がなくなってしまうのです。

ビジネスモデルを選ぶという発想

これが決まってしまう条件、それが「ビジネスモデル」(≒収益モデル)です。

ビジネスモデルとは「何を売るのか」というよりも「どのようにしてその商品やサービスをお金に換えるのか」という仕組みです。

この「仕組みの選択」によって、同じサービスを扱っていても、ビジネスの大変さやリスクの大きさ、ビジネスの伸び代が、大きく変わってくるのです。

個人でビジネスを営んでいる人の多くは「ビジネスモデル」をあまり意識していません。

ビジネスモデルは、何でできているのか

ビジネスモデルを形づくる要素としては、大きく3つあります。

  • お客さん
  • 商品/サービス
  • 商品やサービスの届け方

たとえば

〇〇町で働く新人~中堅の忙しいサラリーマンのために、手ごろな価格の出来立てのうどんを提供する

という商売をする場合、

お客さん=〇〇町で働く新人~中堅の忙しいサラリーマン

商品=手ごろな価格の出来立てのうどん

と決まっていますが「店舗を構えるのか、出前専門にするのか」によって「届け方」が大きく異なりますね。

外見だけではよく見えないのがビジネスモデル

同じようなビジネスをしている2人がいたとしても、

ある人は「大変なわりにあまり儲かっていない」

ある人は「大して違いが無いように見えるけど、うまく儲けているように見える」

そんな体験はありませんか?

これは技量の差や質の差というよりも「ビジネスモデルが違う」というばあいが多いのです。

この場合、よく観察しないとその仕組みは見えてきません。

ばあいによっては、直接お話しをお伺いしないと「仕組み」が見えてこない場合もあります。

同じスキル、同じ知識を「売り物」にした場合でも、ビジネスモデルの選択によって「儲かる可能性」が大きく変わってきます。

スモールビジネスが選択できるビジネスモデルは限られる

たとえば「電力会社」だとか「鉄道会社」「ビジネスホテル事業」といったものも、それぞれがひとつのビジネスモデルです。

だけど、これらのビジネスモデルは個人でスタートするには現実的ではありませんよね。

ってことは「個人事業が選択できるビジネスモデル」は限られる、ってことです。

その中でも「大変さ」「リスク」「伸び代」などで考えた場合、そんなに選択肢は多くありません。

多くの人が「自分がやりたいこと」をあこがれや理想を動機にしてビジネスをはじめます。

だけどほとんどの人は、そこに「ビジネスモデルの選択」という視点はありません。

「大変なのにぜんぜん儲からない」というばあい、ビジネスモデルが間違っている可能性が高いのです。

個人事業やスモールビジネスでも「勝てる可能性の高いビジネスモデル」とは

さて、大事なのはここからです。

この記事では「手元の資金が少ない個人が、個人事業で始める場合のビジネスモデル」を考えています。

このとき、ビジネスモデルを選択する際にだいじなのは、次の要素です。

  1. 小資金ではじめられる。
  2. 在庫を持たない。
  3. 利益率が高い。
  4. 定期的に一定額の売上が上がる。
  5. 強大な競合が存在しない。

いま人気の「オンラインサロン」などは、これらの条件をほぼ満たしていて、個人事業に向いたビジネスモデルだと言えます。

ただし2020年8月現在、オンラインサロンも競争が激しくなってきて「強大な競合が存在しないポジション」をさがすのが、だんだん難しくなってきましたね。

じっさいに起業している人の起業アイデアを聞いていると、これらの条件を一つも満たしていないビジネスであることも多いです。

こういったビジネスは、伸ばすのが難しいと言えますね。

※不可能という意味ではありません。「大変さ」のお話しです。

今の時代に個人でも作りやすいビジネスモデルを知ってください

ワシが開催しているオンライン勉強会「ワシ勉」では、毎月1本ずつ、セミナーを主体としたコンテンツ動画を配信しています。

2020年5月に配信したセミナーテーマは「個人起業のビジネスモデル」でした。

今回は、ワシ勉の会員さんでない方でも動画をご覧いただけるように、このオンライン動画を単体で販売します。

「個人起業のビジネスモデル」セミナー

  • このセミナー動画はオンラインショップでご購入いただけます。
  • ご購入されますと、オンライン動画へアクセスするためのURLとパスワードを記載したPDFをダウンロードしていただけます。
  • オンライン動画はダウンロードも可能です。
  • 3,980円(税込)
  • 収録時間/約1時間56分

フォローしてね!

ひとりで経営している人に役立つ無料メルマガ配信中

フリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。