起業では「やることを絞る/やりたいことを全部やる」どちらがいい?

起業する際には「やるべきことを絞ったほうがいい」とよく聞きます。
いっぽうで「やりたいことは全部やればいい」という意見も聞きます。
いったい、どちらがいいのでしょうか?

実際、このような質問はじつによくいただきます。

この記事では

起業する場合「やるべきことを絞る」「やりたいことは全部やる」どちらがいいのか?

という課題について考えてみます。

この記事の信頼性

個人事業から最大スタッフ10人程度までのスモールビジネス専門のコンサルタントです。
自治体(県や市)、商工会議所などの経営相談員やセミナー講師の委託も受けていますので、あるていど安心していただけるかと思います。

「どの視点から言っているのか」をよく見てみよう

「やりたいことはぜんぶやりたい」という希望を持っていると「やりたいことは全部やればいい」という意見が魅力的に見えてきます。

また、有名人のかたや著名な経営者のかたの多くも、こういった意見を発信されているので、信じてよいように思います。

じっさい、自分がやりたいことのうち、どれが当たるのかはわからないのですから、全部できるのなら全部やったほうが、「当たる確率」は高いですよね。

でも、よく考えてみてくださいね。

あなたが「ひとりで」起業するとした場合、あなたが使える時間には限りがあります。

やりたいことが10あるとしたら、一つ一つの仕事を進めるための推進力は、一つのことに集中する場合と比べて、1/10に減ってしまうわけです。

起業する人の場合、お金が限られていることが多いわけですから、はやく事業を軌道にのせる必要があります。

スピードが大事なワケです。

だとしたら、一つのことに集中したほうが、スピードは上がりますよね。

では、「やりたいことは全部やればいい」という意見は、どうして生まれるのでしょうか。

ふたつの意見は「時間スケール」が違う

ビートたけし氏、松本人志氏、ホリエモン氏、西野亮廣氏、渡辺直美さんなど。

マルチな活動でうまくいっている人たち、とくに有名人のことを、よく考えてみてください。

彼らは最初に「どこかで」売れたのです。

ビートたけし氏も、松本人志氏も、西野亮廣氏、渡辺直美さんなどは、最初に「お笑い」で売れました。

ホリエモン氏はシステム開発(IT事業)が最初の事業です。

みんな「最初は絞っていた」のです。

どこかで突破口を開いてから、手を広げて行った、ということです。

「ひとつの事業でうまくいってから次のことを考えはじめた」ということもあれば、「もとから興味があった、最初からやっていた」という場合もあるでしょう。

さいしょは「周囲から見た時に絞られていた」ということが大事であって、「実際に他のことには興味もなかったのか」ということではありません。

起業でも、ヒットするまでは絞ったほうがいい

ワシのクライアントさんの多くも、飛躍した人たちは「最初は絞っていた」というケースが多いです。

ひとつの事業で支持を集めてから、次のことに乗り出していったのです。

最初に絞り込んでから、次の事業に乗り出すまでにかかった時間は?

もちろん人によって違いますが、最初の事業が順調に軌道にのったばあい、1年くらいで次の展開を考える人が多いです。

「最初は絞る」といっても、10年20年という長い時間つづけるわけではありません。

そのかわり、最初の事業が軌道にのるまでに時間がかかったばあいには、次の展開に移るのも遅れます。

といっても、なかなか軌道にのらない事業を、同じやり方で続けていても希望が見出せません。

そこで、最初の事業でなかなか当たらない場合には、「第2、第3」のアイデアを次々に繰り出していくことになります。

その場合にも、結果的には「やりたいことは全部やっている」ということになりますよね。

どれかひとつでも当たると、キャッシュが回り始めるため、次の事業に乗り出してもうまくいきやすいのです。

タレントで名が売れた人は本を出しても売れやすいのと同じ「ハロー効果」もあります。

なので「最初にどこかでヒットする」ことが「やりたいことすべてを手掛ける」場合にも、大事なんですね。

まとめ:やりたいことを全部やるには時間スケールで考える

  • 絞ったほうが集中できて、最初の突破口をひらきやすい。
  • ひとつのことでうまくいくと、相乗効果で次のこともうまくいきやすい。
  • 最終的には、やりたいことをやればいい。段取りが大事。

やりたいことが全部やれて、しかもぜんぶの事業がうまく行くのだとしたら、誰でもそうしたいですよね。

でも現実には、なかなかそうはいきません。

「楽しめればいい」という人は、この記事の対象にはしていません。

「食っていかなくてはいけない」という立場なのだとしたら、最初に絞って突破口、キャッシュに余裕ができてから、やりたいことを展開。

これがうまくいきやすいパターンではないでしょうか。

おまけ:「みんなで試行錯誤する場」ここにあります。

このブログを書いているワシ、スモールビジネスコンサルタントが運営しているオンライン勉強会「ワシ勉」は、

  • 同じような立場の人(経営者等)との交流の場
  • みんなで試行錯誤する場
  • 経営に関して勉強できる場

と言えます。

「仕事として成り立たせたい」という想いを持っている人は、それなりの身を削って、それなりの「場」に身を置いたほうがイイと思いますよ。

オンラインで気軽に参加できるフリーランス経営の勉強会「ワシ勉」。

 

ひとりで経営している人に役立つ無料メルマガ配信中

フリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。