あなたが学んだことを活かせない原因

またしても、この本を読んでいます。

10万部突破だそうです

「星野リゾートの教科書」日経BP社。

2016年の年末に買って、読み直すのは4度目くらい。

ビジネス書を読み返すことはあまりないので、2度読み直す本はかなり限られています。

その中でも4度と言うと、かなり「お気に入り」と言えますな。

この本のよさは「学んだことは、こうやって活かすのだ」ということが、実践をもって示されている点です。

自分とまったく同じ事例は無い

ビジネスでは、ひとりひとりの仕事内容や置かれている環境が異なるため「まったくおなじ事例」っていうものがありません。

本やセミナーで紹介される事例の中には、業種が違ったり、規模が違ったり、地域や時代が違ったりすることがほとんどです。

そして多くの人がこのように考えます。

ウチとは〇〇が違うから参考にならない。

〇〇とは、業種、規模、資金、人材など、ありとあらゆる「ウチとは違うこと」が入ります。

だけどそれだと、何も参考にできませんね。

だって、「まったく同じ事例」は無いんですから。

すぐれた経営者は、まったく違う業種や業界からでも、ヒントを拾ってきますよ。

つかえる知識ほど「抽象的」

一般的なビジネス書と違って、経営学の理論書のような本は、とても堅くて読みにくい印象があります。

実際、読みにくいです。

なぜかというと、抽象的な記述が多いからです。

だけど、抽象的と言うことは、汎用性が高いことの裏返しでもあります。

つまり、抽象的な知識は、「いろんな人に当てはめることができる」のです。

先に紹介した「星野リゾートの教科書」では、30冊ほどの「経営に役立つ本」が紹介されています。

これらの半数以上の本に、実際に目を通してみました。

「ワシにゃ無理じゃないか」と思えるほど難易度が高かったり、それ以前に分厚くて重くて、価格も高い本が多かったです(笑

実はこの本に出会った直後の2017年は「1年間はテッパンの教科書しか読まない!」と決めたのですが、早々に挫折したのでした(^^;

だけど中には「これなら読める」という本もあって、それを突破口にして、徐々に「難しいと感じた本」にもチャレンジしています。

一般的な小説だとかビジネス書のような「読み物」とは違う「読みかた」をするのが、どうやらポイントのようです。

学ぶ人は多いけど、役立てる人はほとんどいない

セミナーの場合、経営学の本とは違って、比較的やさしい内容が多いと思います。

だけど、せっかく学んで「実践してみたか?」というと、驚くほど実践している人は少ないですよね。

学んだことを活かすために必要なものは、応用力です。

それは、汎用的で抽象的な学んだ知識を、自分独自の、いま目の前にある課題に当てはめるという、具体化する力です。

難しい本を読むときには、字面を追うだけではなくて、「自分に当てはめながら読む」「一行ごとに具体化して読む」必要があるんですね。

だから、読むのに時間がかかります。

分厚い本が多いので、余計に時間がかかります。

ビジネス書なら2時間で読めるのに、経営書だと何週間もかかったりします。

ここでウンザリしてしまうと、おしまいですね。

身に付かない「ビジネス読書」は意味がない

これまでたくさんのビジネス書を読んできましたが、どれだけ役立てることができたか、どれだけ身に付いたかと問われると、自信がありません。

たくさん読んでも、話題の本を読んでも、身に付かなければ意味がありませんよね。

具体的な成果に結び付かなければ意味がありませんよね。

「この本のおかげで売上があがった」だとか「業績を回復した」といった、具体的な成果です。

おととし挫折した、ワシの中での「ビジネス読書革命」ですが、もういちど見直してみたいと思っています。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー