「わかりやすくする」だけでは売れない理由

今日は、今週の金曜日に予定されている、スモールビジネス起業塾「ワシ塾」第5講のための資料作りをしていました。

その中の資料として撮影した、ワシがこれまでにいただいたお便りの写真を撮ってみました。

今回の塾のテーマの一つが「お客さんとの関係」だったからです。

嬉しいお便りの数々

さて、今日のテーマは「わかりやすいことと売れるかどうかという問題の関係」についてです。

内容がわかることと、内容に対する評価は「べつもの」

たとえば、ロシア語で語っている「小話」のテレビ放送があったとします。

ロシア語だから、少なくともワシは何を言っているのか、見ていてもさっぱりわかりません。

ここで、この番組が「二か国語放送」であることに気がつき、「副音声」で、日本語に通訳した「小話」が聴けることがわかりました。

これで、「何を言っているのか」は、わかりますね。

だけど、この小話が「おもしろいかどうか」は、また別のお話しですね。

「内容がわかるかどうか」と、その内容に対する「評価」は、別のお話しなのです。

「何を言っているのかわかること」は、最低限の前提事項

内容がよくても、何を言っているのかがわからなければ、その「よさ」は伝わりません。

一方で、何を言っているのかがわかっても、内容がよくなければ、評価はされません。

「わかる文章を書く」というのは、最低限のレベルのアドバイスなのです。

てことは、最低限の「読んでわかる文章を書く」こともできていない人が、案外おおい、ってことですね。

わからない文章を書いている人のほとんどは、その自覚がない

ワシも含め、誰もが注意しなくてはいけないことがあります。

それは、自分が書いた文章を客観的に読むのは、とても難しいってことです。

業界内でしか通用しない用語を使ったり、自分の商品名を「当然みんなが知っているかのごとく」書いてしまったりすることがあります。

「このコトバは一般の人にはわかりませんよ」と指摘すると、

みんな、こんなことも知らないんですか!?

と、逆に驚かれたりします。

この伝え手と受け手のギャップが「わからない文章」を生んでいるんですね。

これは、セミナーなどで参加者の人を置いてきぼりにする「専門家」の講演と同じです。

まだセミナーの場合には、参加者の方々の顔が「?」となっている状態を見逃さなければ

「あ、今の言い方はわからないか」

と察することができます。
(それもできない人が多いですけどね)

だけど、文章の場合には「わかりません」と意思表示してくれることは稀です。

ただ、読まれないだけです。

もちろん、あなたのサービスのよさが伝わることはありません。

「これって一般の人はわかるのかな?」と、用心深く自分の文章を読み返すことが大事ですね。

遠回りしない起業セミナー2019

こちらのセミナー受講者のかたには、「ワシ塾」受講料がお得になる特典がありますので、ゼヒお得に受講しちゃってくださいね!

日程
5月31日(金) 東京 13:00~15:00
6月7日(金) 大阪 13:00~15:00
6月12日(水) オンライン 13:00~15:00
6月14日(金) 名古屋 13:00~15:00
6月26日(水) 札幌 13:00~15:00 NEW!
セミナー後に、近くのカフェなどで「懇親お茶会」を開催予定です(参加費は自分のお茶代のみ)
参加費
各会場5,000円 オンラインのみ3,000円
定員
各会場9~10名
会場によって異なります

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー