あのビジネスを支える「ウラの仕組み」

この金具が欲しかったのですが、何という名前かわからなかったので、なかなか買うことができませんでした。

金折(かなおり)というらしいです。その中でもこれはT字型をした「よこおり」

業界の人にとっては当たり前のことも、シロウトが知るのは難しいものですね。

同じように、不思議に思うことはありませんか?

「あのお店、どうして潰れないんだろう」
「あの人、どうやって売上げを上げているんだろう」

って思うようなこと。

営業しているのはわかるけど、どうしてそんなに営業を続けられるのか、どうやって儲けているのか、よくわからない。

一般の人を対象にビジネスをしているように見えるけど、そんなに儲かるのかな。

街中の商店街の「ふとんやさん」「ハンコ屋さん」「文具店」。

先生業、講師業、アドバイザー業。

「業界のウラ」を知らずにマネして開業すると、痛い目に遭うかもしれません。

表面だけをマネるとうまくいかない理由

実は、儲かってなさそうなお店や業界でも、儲かっている「ウラの仕組み」のようなものを持っていることが多いです。

ウラと言っても、別に違法だとか、非人道的だとか、そう言った意味ではありません。

「表面的な姿を見ているだけではわからない、儲かる事情」のようなものです。

本当に儲かっている人の場合、「見えている姿」と「実態」は違うことが多いです。

意図的に隠している場合もありますし、活動が地味なために見えにくいだけ、ということもあります。

業界としては当たり前だけど、新たにその仕事をはじめようと思っている人には、なかなか見えてきません。

また、親切に教えてくれる業界の先輩も、なかなかいません。

そりゃそうですよね。「ウラの仕組み」なんですから。

この場合「儲かってそうだから」という理由で、表面上の見た目の活動だけをマネても、うまくいきません。

あの業界は、あの人は、どうやって儲けているのか

コンサルタントの仕事をしていると、業界の裏話を聴くことがよくあります。

これが興味深い話であることが多いです。

シャッター通りが続く中で、営業を続けている個人営業の商店などはそうですね。

一日に入店するお客さんの数と、平均客単価を掛け算すれば、売上は簡単に算出できますね。

だけど、売上はそれだけじゃないんです。

趣味の教室をしているだけに見える先生、起業家向けにセミナーをしているだけのように見える先生。

生徒数と受講料を掛け算すれば、売上は簡単に算出できますね。

だけど、売上はそれだけじゃないんです。

むしろ「ウラの売上」のほうが多いばあいのほうが一般的です。

この「ウラの売上」を確保できるかどうかは、事業を安定的に継続できるかどうかのカギです。

あなたも、これを開拓すべきなのです。

表には見えてこないウラの売上とは何なのか。

今日の17:00に配信する無料メルマガでお伝えしますね。

遠回りしない起業セミナー2019

大阪、名古屋、札幌と続きます。まだ間に合いますのでお申し込みはお早目にね~

日程
5月31日(金) 東京 13:00~15:00
6月7日(金) 大阪 13:00~15:00
6月12日(水) オンライン 13:00~15:00
6月14日(金) 名古屋 13:00~15:00
6月26日(水) 札幌 13:00~15:00 NEW!
セミナー後に、近くのカフェなどで「懇親お茶会」を開催予定です(参加費は自分のお茶代のみ)
参加費
各会場5,000円 オンラインのみ3,000円
定員
各会場9~10名
会場によって異なります

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー