ビジネスに必要な文章とは「文章力」の問題なのか

はいっ。

ここんとこ、自分の動きが激しくて、自分でもよく把握できておりません!

それでも、クリスマスツリーを発見したときには、条件反射的に自撮りしてしまうのは間違いありません!

ここ最近の動きについてはまた改めてレポートするとして。

その中のひとつ、あるイベントに参加して感じたことについて、忘れないうちにここにまとめておきたいと思います。

世に出ている「文章の書き方」をマスターして売れるようになるのか

「文章の書き方」についての本が、たくさん出ていますよね。

ワシもたくさん持っていますし、読んでいます。

だけど、それぞれの本は「同じ目的」で書かれたものではありません。

おそらく、ワシのこのブログを読んでいるあなたの場合、決して「作文コンクール」で優勝したいわけでも「いまからライターとして修業したい」わけでもないでしょう。

きっと

「読者が増える」「支持者/ファンが増える」「影響力が増す」「結果として売れる」

そんな文章を書きたいと思っているのではないでしょうか。

だとしたら「ライターとして食っていくための文章の書き方」ではなくて「影響力を持つための文章の書き方」を学ばなくてはいけないはずですね。

だけど、残念ながらそのようなテーマの書籍は無いようです。(誰か書かないかな?)

もちろん「何を言っているのだかわからない文章」は論外です。

人が集まる文章とは?

ワシの現在の仕事で関わっている人たちは、元をたどっていくとほとんどがネット経由で知り合った人たちです。

今抱えている仕事も、元をたどると、すべてSNSやブログでの発信が起点になっています。

ほとんどすべての仕事を、ネット経由でいただいているのです。

誰かに見つけてもらい、コンタクトをいただき、そこから仕事に発信する。

このとき、発信していなければ、そもそも存在していないのと同じですから、見つけてもらうことすらできませんね。

だけど、いくら発信していても、他の人と同じようなありきたりの内容ばかりを発信していては、スルーされてしまいます。

注目してもらい、文章だけで「この人なら大丈夫そうだ」と信用してもらい、コンタクトをいただくための文章。

そのヒントを、明日11月14日の17時のメルマガでお届けします。

 

小さなビジネスの売上を2倍にする無料メールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業