スゴイ人がホントにスゴイ理由

昨日、ちょっと体調を壊して、いちにちの半分以上を休んでいました。

今日は回復気味ですが、まだちょっと咳が残っています。

食欲は元に戻ったかな?と、麻婆豆腐を2人前作ってみたところ、昼ごはんにしてはやや多かったようです笑

ところで、昨日は体調不良で半日休んだぶん、今日モーレツに進みました。

予想以上に仕事が進むと気持ちいいですね。

「切羽詰まった時ほど仕事がはかどる」を再現できないか

仕事って、余裕があるときにはダラダラ進めてしまい、結局時間ぎりぎりになって間に合わせたりします。

余裕がないと、想像以上に仕事を詰め込むことができます。

想像以上に仕事が進むと

いつもこれくらいのペースで仕事ができればいいのにな

って思いませんか?

ここ、ポイントですね。

この「切羽詰まった時のパフォーマンスを、ふだんから発揮できないかな」と考えていて行きついた結論が

「自己暗示力」でした。

このことについて考えを突き詰めていくと「常に仕事のパフォーマンスが高い人」つまり「デキル人」のヒミツがわかってきました。

自ら「切羽詰まった時」を作ることができるかどうかは、「思いこむ力」次第

仕事のパフォーマンスが劇的にアップするのは「やらなくてはならないことが盛りだくさんの時」です。

一方で「やったほうがいいこと」は、「やらなくてもよい」「いつでもよい」と自分が認識しているため、パフォーマンスが上がらないのですね。

てことは「やったほうがいい」ようなことを「やらなくてはならない」と自己認識を切り替えれば、仕事のパフォーマンスが劇的に上がる可能性がありますね。

ようは、みずから「疑似的に切羽詰まった状態を作る」ってことです。

「切羽詰まっている」と自分で思いこむことができるかどうかがポイントですから、「いま疑似的にそう思いこもうとしているんだよね」っていう自覚があってはダメです。

「疑似的に」ってことをできるだけ忘れて「これはやらないとマズいんだ」と自覚する、ある意味「自己暗示」「自己催眠」をかけることですね。

「自己暗示」。これ、仕事をする上でとても大事なテクニックです。

なるほど、いつもパフォーマンスを上げている人の正体とは、これか。

スゴイ人がスゴイ理由

どんな業界でもスゴイ人って、いますよね。

スゴイ人って、元からスゴかったんでしょうか。

最初からスゴイ人っていないですよね。

だけど、スゴイ人って、まだスゴイ人でない時から「すごそうな発言」をしているんです。

イチロー選手とか、本田圭佑選手とか、まだドラフト入団当初とか学生時代でさえ、聞いた人が吹き出してしまうほど、大きなことを言っているんです。

だけど、本人は真剣そのもの。

ホラを吹いているつもりはないんです。

「いや、自分はそれくらいできるから」

って、本気で思っているんですね。

仕事でも、スゴイ人の正体とは、「自分はスゴいんだ」っていう自己暗示力に優れた人です。

「自己暗示をかけている」という自覚すらない、本当にそう信じ込んでいる状態。

これさえできれば、怖いモノはありません。

今回のテーマ「自ら切羽詰まる」だって、お手のモノです。

人間心理を理解した人が仕事を制する

モノを売る場合にも、文章を書く場合にも、自分自身を動かす場合にも。

必要な知識となってくるのが「人間の気持ち」に対する知識です。

「なぜ人は欲しくなるのか」がわかれば、売りやすくなりますよね。

「どんな時に人の心は動くのか」がわかれば、文章も書きやすくなりますよね。

「どうすれば自分をノセることができるのか」がわかれば、仕事のパフォーマンスも上げられますね。

「売れるようになる勉強」「仕事ができるようになる勉強」とは、大半が「人の気持ちに関する勉強」なんですね。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー