今できることの価値を見直す

もうほんと、報道は「コロナ、コロナ」で、プレッシャーがスゴイですよね。

「自粛ムード」「外出を控える」というムードの中で気をつけたいことがあります。

活動方法に制約があるだけで、誰も「活動量を減らせ」とは言っていない、ってことです。

「人との濃密な接触」が危険なのであって、それを避ければ、今までの倍活動したってかまわないわけです。

なので今は

「物理移動や濃密接触ナシでどれだけ活発に活動できるか選手権」

にエントリしているのだという認識で、ちょうどよいのかと思います。

そんな中で今日の話題は「今できることの価値」です。

オンラインはリアルよりも価値が低いのか?

店頭で売っていたものを通販する。

会場で行っていたセミナーをオンラインに切り替える。

リアル対面で提供していたコンサルティングを、オンラインで切り替える。

「リアル対面の重要性」を認識していればいるほど、オンラインと聞くと「リアルよりも価値が低いもの」という捉え方をしてしまいがちです。

実を言うと、ワシもそうです。

そんな内容の話題を、オンライン勉強会「ワシ勉」の会員さん向けに、動画でお届けしました。

「ワシ勉」会員さん専用の動画です

すると、ワシ勉の会員さんで「タクシー業界向け研修サービス」を提供している、細谷厚志さんから、ご意見をいただき、ハッとしました。

「ホントにオンラインはリアルよりも価値が低いのか」

という問題提起だと、ワシは捉えました。

自分自身が「リアルのほうが価値がある」と感じているから、当然のように「他の人も同じように感じるはずだ」と捉えてしまっていたのです。

価値って絶対的なものではなくて、人によって違いますよね。

同じ人でも、立場や場合によって異なることもあります。

そんな重要な「当たり前のこと」がスッポリ抜け落ちていたんですねぇ。

価値の捉え方は場合によってもっと柔軟であるべし

ってことで、今こんな時期だからこそ

「今できることの価値」

を改めて考えてみました。

どうしても代替手段だと価値が低いものだと捉えがちです。

たとえば「セミナーとは会場で面と向かって、その場の空気を提供しているのだ」と捉えると、どうしてもオンラインセミナーは「価値が低いもの」だと映ってしまいます。

だけど、世の中は、セミナーに対してそのような捉え方をしている人たちばかりなのか?

ってことを考えると、おのずと「異なる価値」ってものが見えてきますよね。

今回は、「セミナーの会場開催とオンライン開催の価値の比較」を例に挙げて、考えてみました。

そんな話題を、明日午前8時にメルマガでお届けしようかと思います。

 

小さなビジネスの売上を2倍にする無料メールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業