売上アップ方法の基本【個人事業主、ひとりビジネスの売上を上げるには】

個人事業の売上をアップさせたいです。
ときどきサービスが売れ出したりすることがあるのですが、長続きせず、すぐ元の売上にもどってしまいます。
売上を上げる方法として、どんなことをすればいいでしょうか?

この記事では、個人事業主や小さな会社に向けて「あとすこし売上アップする施策の基本的な考え方」についてお伝えします。

この記事でわかること
  • 個人事業の「売上アップのチャンス」をみすみす棄てているタイミングとは
  • せっかくの「売上アップのチャンス」を活かしきれない個人事業主が多い原因
  • 個人事業主が着実に売上アップするために大事なこと
この記事の信頼性

個人事業から最大スタッフ10人程度までのスモールビジネス専門のコンサルタントです。
自治体(県や市)、商工会議所などの経営相談員やセミナー講師の委託も受けていますので、あるていど安心していただけるかと思います。

個人事業主の売上アップのチャンス「キタ!」という瞬間

実は、多くの個人事業主は「目の前にある売上アップのチャンス」を見逃しています。

そのチャンスはどんなときかというと、ズバリ

  • 「いつもよりも売上が上がったとき」
  • 「集客に成功した、まさにそのとき」
  • つまり「すこしでも何かがうまくいったとき」なのです。

    このタイミングって、純粋にうれしいですよね。

    でも反面「ヤレヤレ、売れてくれた」だとか「やったー!」というように、ホッとするか、浮かれてしまうかして、気が緩む瞬間でもあります。

    「追加的な売上アップ取り組み」が、おろそかになりやすいタイミングでもあるのです。

    うまくいったときこそ、さらに「売上を上積みできるチャンス」なのですが、このチャンスを多くの個人事業主が、みすみす逃しているのです。

    この法則がわかっている個人事業主は、「ちょっとした成功」を、上手に育て上げることができるんですね。

    この法則がわかっていないと「ちょっとした成功」が、毎回「単発の花火」で終わってしまいます。

    何かがうまくいったときに見逃しがちな「追加的な取り組み」とは何か。

    について、この記事でお伝えしていきます。

    個人事業主にとっての「売上アップ」は「最初の売上」よりもカンタン

    独立開業して、売上がゼロの状態から最初の1万円をつくるのって、難しいです。

    でも、いったん売上が立ち始めると、その「上積み」は、ある程度可能になります。

    売上0円から最初の1万円をつくる

    を作るのがイチバン難しく、

    徐々に

    1万円を2万円に
    2万円を5万円に
    5万円を10万円

    のように、上積みができるようになります。

    だけど、これがうまくできない起業家、個人事業主は、ある大事な法則を踏み外しているからです。

    それは、大事な法則であるにもかかわらず、とても地味なために、多くの個人事業主や起業家は見逃している法則なのです。

    個人事業主が「あとすこし」売上げを上積みできない理由とは?

    一歩ずつ階段をのぼるように、売上げを増やしていく地道な法則。

    • うまくいったことを繰り返す。
    • うまくいかないことは、やり方を変えるか、やめる。

    ということです。

    なんだ、そんなことですか。
    実は「そんなこと」ができていない個人事業主が多いんです。

    なぜでしょう。

    それは、「人は、いちどやってしまったことに飽きてしまう」からです。

    個人事業主は、「うまくいった売上アップ施策」に、自分が先に飽きてはいけない

    以前に、ある支援先の小売業さんで、これまでとは違うセールを実施したところ、これが当たりました。

    コレに気を良くした経営者さん、どうしたと思いますか?

    「よし!うまくいった!じゃ次はこんなカンジで行ってみよう!」

    と、まったく違った企画を立ち上げたのです。

    波に乗ったと感じた経営者は、

    「次から次に新たなチャンレンジをしよう」

    と考えたのです。

    「せっかく当たったのだから、もう一度同じセールをやりましょうよ」

    というスタッフからのアイデアは

    「そんなのつまらない」

    という理由で経営者に一蹴されました。

    でもよく考えてください。

    多くの新しい企画は「不発」に終わります。

    そのことはあなたも実際にビジネスをやったことがあれば、じゅうぶん知っているはずです。

    そんな中で「この企画はお客さんにウケている」ってことが、すでに証明されているのです。

    なのに、「もう一度やらない」っていうのは、もったいないと思いませんか?

    お客さんが「よい」と言っていることに対して、経営者が先に飽きてしまってはいけないのです。

    あなたのヒット企画を、まだほとんどの人が知らない

    「同じことを繰り返す」ことに対して、抵抗感を覚える個人事業主も多いです。

    以前にやったことを、またやるの?
    お客さんは「またか」と思うんじゃないの?

    でも、前回「うまくいったこと」って、いったい何人のお客さんが知っているのでしょう。

    ヒットしたってことは、同じことをやれば、前回来てくれたお客さんも

    「例のアレだ!」

    って、また来てくれるかもしれません。

    まだまだ「あなたのヒット商品やヒット企画」を知らない人は、たくさんいるはずなのです。

    「同じことを繰り返すなんてつまらない」
    「同じことをやっても人は集まらないだろう」

    そのような理由で

    「せっかくうまくいったことを一回限りで終えてしまって繰り返さない」という人は多いのです。

    これは、みすみす「売上アップのチャンスを逃している」と言えますね。

    うまくいかないことを繰り返してもうまくいかない

    せっかくうまく行ったことを繰り返さないで、みんなはいったい何をしているのでしょうか?

    多くの個人事業主は「うまくいっていないこと」を繰り返します。

    いくらなんでも、そんなバカなことはしませんよ。

    実は、そう思っている自分自身が陥っていても、なかなか気づかないモノなのです。

    「それではうまくいかない」ということが、すでに証明されたはずのことを、多くの個人事業主や起業家は奇跡を信じて繰り返してしまうものです。

    「あきらめずに何度も繰り返せば、そのうちうまくいくのでは・・・。」

    と信じている個人事業主や起業家が多いのです。

    でも、うまくいかなかったことを何度もあきらめずに繰り返して成功した起業家もたくさんいますよね?

    「あきらめずにうまくいった事例」とは、けっして「うまくいかなかったことと同じことを繰り返した」のではありません。

    「工夫や改変をしながら繰り返した」はずなのです。

    何本書いても反響のないブログやメルマガ。

    同じ様な内容を、同じような書き方、同じような送りかたで続けていませんか?

    ほんとうにそれを続ければ、「いずれ」うまくいくのでしょうか?

    「うまくいかない理由」を考えて、変えいかなくてはいけないのではありませんか?

    まとめ:個人事業主が売上アップする施策の基本

    あと少し売上をアップさせる基本。

    それは、少しでもうまく行ったことを改良しながら繰り返すことです。

    売上アップ施策を「画期的なアイデアで逆転ホームラン」という方法で実現しようとする人が多いです。

    でも売上アップに効果がある現実的な手段は、地道な「積み上げ」です。

    ありきたりで、「よく聞く方法」を地道に繰り返していくのです。

    売上を「あと少し」積み上げていくためには、少しでもうまく行ったことを繰り返す。

    これが鉄則です。

    とはいえ、いくら「ヒットした企画」であっても、同じことを繰り返していくと、徐々に人気は少なくなっていきます。

    最初10だった反響が、5になり、2になり…という具合です。

    この「徐々に人気を失っていくさま」を見るのがつらくて、繰り返すのを早々にやめてしまう人も多いのです。

    だけど、実際にいろんなことに挑戦している人は、

    • 「まったくうまくいかない取り組みのほうが多い」
    • 「これまでかすりもしない企画ばかりだった」

    ってことを知っています。

    「うまくいっていたのに徐々にうまくいかなくなっていく」のを見届けるのって、たしかにテンションが上がらないかもしれません。

    でもそのほうが、「全く新しい取り組み」よりも、効率がよいのです。

    徐々に反響がすくなくなっていく取り組みよりも「新たな取り組み」のほうが、ワクワクするのはわかります。

    それはワシも同じです。

    もちろん、新たな取り組みも大事です。

    でも、だからといって「うまくいった取り組み」を一度で終えてしまうのは

    「売上をあと20%上積みできるチャンス」をみすみす逃しているのです。

    いちどうまくいったことは「もうそろそろ反響がないな」と思うまで、繰り返したほうがよいのです。

    すでにおわかりのように、この法則は「一度でも成功体験がある人」に有効です。

    「まだいちどもうまくいったことがない」という個人事業主には、使えない法則です。

    だからこそ、最初の「小さな成功体験」を、ぜひとも早くつかんでください。

    無料メルマガでは、個人事業主や小さな会社の経営者に役立つヒントを公開しています。

    ワシメル。スモールビジネスに役立つメルマガ。

    1,000人の経営者に読まれているメールマガジン

    • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
    • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
    • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
    そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
    週一回のペースで配信中です。

    こんな実績が生まれています。

    • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
    • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
    • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
    • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
    • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
    • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
    • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
    • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
    • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業