自分にはビジネスのセンスがないと思っている人へ

ワシには「嫌いな考え方」があります。

それは「センスの有無」で片づけてしまう考え方です。

センスの有無で決まるのか?

たとえば、ワシは子どものころ、比較的運動が得意な子でした。

跳んだり走ったりは、得意だったんです。

でも球技は苦手でした。

「センスの問題だ」ってよく言われましたよ。

でも、今では違うと思います。

「運動のセンス」とされていたことの多くは「体の動かし方を知っているかどうか」だけの違いです。

それが自分の工夫で気がついた人と、まだ気がついていない人の違いです。

デザイン的な「センス」も同じ。

一流のデザイナーのクラスになれば、センスの差が大きくなってきます。

でも、一般的に言われているセンスとは

「デザインのセオリー」(こうすればこのように見えやすいというルールのようなモノ)

を知らないだけ、という場合が多いのです。

生まれながらに決まっているのか?

「あなたはセンスがないから」「私にはセンスがないから」とセンスを根拠にしたがる人に

「じゃセンスって何ですか?」

って尋ねてみてはいかがでしょう。

「生まれながらのモノ?」

まさかね。

そりゃ、太りすぎの人は運動は苦手でしょう。

体型や体質などによって、向き不向きもあるかと思います。

でも軽量の力士もいれば、低身長のバスケットボール選手もいますよね。

絵が上手に描けるかどうか、文章が上手に描けるかどうかが「生まれつき」決まっていると思えますか?

これは「苦手」というものと同じで「知らないだけ」なのです。

経営のほとんどは知識です

以前「デザインの90%は知識です」という発信をしたら、自称デザイナーの人からずいぶんと叩かれました。

だけど、この考えは今も変わっていません。

一般的に「センス」と呼ばれているモノは、時間をかけて吸収してきた知識の「無限の掛けあわせ」による「引き出し」なのです。

プロのデザイナーさんは、知識も経験も膨大にあるので、それらの「掛けあわせ」であるアイデアが、天文学的に増えるんですね。

これがセンスの正体です。

これは経営にも言えることだと感じています。

経営はセンスではありません。

世の中には天才的な経営者ももちろんいます。

だけど、天才ってのは稀な存在だからこそ、天才なのです。

会社の数だけ天才がいるとは考えられません。

それに、業績のよい会社の社長はみな天才なのだろうか?と考えると、そうでもなさそうです。

知ることを避けたい人、知られては困る人が「センス」を口にする

「この仕事はセンスがないと無理ですよ」
というような場合

  • 「説明するのがメンドクサイ」
  • 「そう簡単にマネされてたまるか」
  • 「実は簡単にできてしまう」ことがバレると困る

こんなことが理由ではないでしょうか。

または「私はセンスないんでぅ~」というような場合は、単に

  • 「努力するのがメンドクサイ」
  • 「誰かに何とかしてほしい」

というだけの話だと思うんですよね。

そのひと「ならでは」の得意技だと思われているような

「滑らかにお話しができる」
「気配りができる」
「論理的に伝えることができる」
「図や仕組みを頭の中で組み立てることができる」
「アイデアがよく思いつく」

といったことも、知識的なことがベースになっていると感じます。

「やりかた」を知って、何度か繰り返せば、できるようになることが多いんですよ。

コレは別に課題図書ではありません(笑
今回のテーマに合ったタイトルだったので。

ワシが運営している、ひとりビジネス向けのオンライン勉強会「ワシ勉」では、課題図書があったりして、けっこう「勉強系」のお話しをします。

(勉強会なのだから当たり前ですね^^;)

もちろん、読むかどうかは会員さんの自由なのですが、「センスは知識がベースになっている」というワシの考えから、このようにしているのです。

経営の基礎を学ぶことで、ビジネスのセンスを身につけるオンライン勉強会、「ワシ勉」。

興味があったら、こちらのページをごらんくださいね。

 

フォローしてね!

ひとりで起業するなら起業アイデア=ビジネスモデルが大事

「今から起業したいけど、どんなビジネスにしたらよいのか?」
「すでに起業したけど、なぜこんなにもうまくいかないのか?」
ひとりで起業するのなら、どんな起業アイデアを選ぶのかという「ビジネスモデルの選択」が大事です。
ひとりで起業するときの「ビジネスモデル選び」について詳しく解説しています。