売上げにつながるブログ記事の書き方

ブログを書き続けているんですけど、なかなか売上につながらないんですよね…。

こんなお声にお応えするブログ記事です。

このような問題を抱えている人のブログを見に行くと、エッセイ調のブログによく出くわします。

いわゆる「日々の雑感」を述べたようなブログですね。

こういったブログの「結論」は、たいていとても抽象的で、ありきたりであることが多いです。

  • がんばっていきたいなと思いました。
  • やっぱり仲間って大事だな。

こういった内容もOKなのですが、最後が抽象的であるだけに、成果を生みにくいんですね。

カンタンに言ってしまえば、売上にはつながらないブログだってことです。

では、どういったブログ記事が売上げにつながりやすいのかというと、コレがポイントです。

ひとつの記事にひとつのワンメッセージ、ひとつの行動

ワンメッセージ、ワンアウトカム

と言います。

一本の記事に、ひとつの「伝えたいこと」。

そしてひとつの「読者に起こしてほしい行動」。

を設定して書く、ということです。

「アウトカム」とは「アウトプットがもたらす成果、効果」という意味です。

よく見かけるのは、記事の結論とは関係の無い「近日開催のイベント」へのリンクをズラズラとたくさん記事の最後に貼ってある記事です。

そのブログ記事の内容とは関係のないリンクがたくさん貼ってあっても、なかなかリンクはクリックされません。

だって「リンクをクリックしなくちゃいけない理由」もなければ、「リンクの先を見てみたいという動機」も起きないじゃないですか。

今日のワシのこのブログ記事で言えば

「ブログ記事をできるだけ短時間で書いて、しかも売上に結び付ける」

ことをテーマにした記事なわけなので、そのテーマに関連した「読み手に行動してほしいこと」を結び付けたほうがよい、ということです。

今日の結論でいうと

ブログ記事には、ひとつのテーマ、ひとつのメッセージ、ひとつの行動誘導を設定することが効果的ですよ

という「メッセージ」をお伝えした後で

「ブログ朝練」という、「みんなでブログを書こう」という活動を無料でやっていますよ~
よかったら参加してね。

という「ひとつの行動」に結び付ければ、効果に結び付きやすい、ということですね。

一度試してみてください。

そんなわけで

「みんなで集まってブログを書こう」というブログ朝練、無料でご参加いただけますので、あなたのご参加をお待ちしております。

FacebookグループとZOOMを使って運営しています。

1,000人の経営者に読まれているメールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業