ワシもあなたも、おそらく天才ではない。ではどうする?

毎月、楽しみにしている時間があります。

ネットショップコンサルタントの森よしあき先生との、オンライン会談の時間です。

彼とは、年齢も、起業したタイミングも、起業してからの経歴も、よく似ていますので、相談相手としてとても救われています。

今日の会談の中で、こんな話題が出てきました。

すでに自分が天才ではないことはわかっている。
では、どうするのか?

ってことです。

ここで出てきた結論は、多くの著名な経営者が述べていることと一致しました。

経営はアートとサイエンスでできている

先日のブログ記事で反響をいただいたのは

経営にはサイエンスとアートという、ふたつの側面があります。

という一文でした。

これはワシが発見したことではなく、多くの著名な経営者が述べていることです。

「星野リゾートの教科書」にも書いてありました。

たとえば、ピカソから絵を習うことができたとしたら、ピカソのような絵が描けるようになり、同じような「歴史に残る画家」になることができるでしょうか?

たとえば、モーツァルトから作曲の極意を習うことができたとしたら、モーツァルトのような「歴史に残る音楽家」になることができるでしょうか?

100年間勉強しても、1000年練習を続けても手が届かない境地、「その人だからこそなしえること」「天性の才能」つまり天才性を指す部分を「アート」と呼びます。

一方で、マジメに勉強して、マジメに努力すれば、誰でもここまでは到達できるぞ、というラインがあります。

これがサイエンスです。

音楽や文学などでは「アート」が占める部分が多く、いくら努力を積み重ねても大成しない人が山ほどいますね。

サイエンスのよい点は「誰でもソコソコまでは行けること」

写真の技術で考えてみます。

芸術作品賞を受賞できるような写真を撮ることができる人は、「アート」が占める部分が大きいでしょう。

感性の問題で、努力によって手に入れられるものとは限らないのです。

だけど「有料写真素材サイトで売れる写真」を撮ることができる人となると、これは「サイエンス」が占める部分が大きくなります。

なぜかというと「どのような写真が素材として売れているのか」という資料に基づいて試行錯誤すれば「売れる写真」を撮ることができる可能性は高まります。

「ビジネス的にうまくいくこと」は、サイエンスが占める部分が大きいのです。

もし「自分は天才ではない」ことを自覚しているのであれば、アートを追い求めるよりも、サイエンスを追い求めたほうが近道なのです。

自分の天才性を信じられる人はアートを追い求めるべし。そうでないなら…。

コンサルタントのブログなどでも「わかる人にはわかる」といった、「感性で経営する」というニュアンスのアドバイスを見かけることがあります。

そのこと自体は否定しません。

だけどそれは、ピカソが「感性で描けばいいんだよ」と言っているのと同じで、一般のワシらのような凡才が

おお、そうか!やっぱり感性か!
やっぱり天才は言うことが違うな!

といって、マネしようとしているようなものです。

こういった人は、「自分の天才性を信じている人」なのだと思いますし、そういった人は、「アートな助言」のほうが響くのでしょう。

だけど、決して悲観的なわけではなく、客観的に「自分は天才ではない」と自認している人は、何を拠り所にすればいいのか。

そのことについて、続きをメルマガでお伝えしたいと思います。

今日の17時に無料メルマガでお伝えします。

このメルマガを読むためには、今日の17時までにメルマガ登録を済ませておいてくださいね。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー